Series: 読書感想 自作ゲームのこと 自作ゲームについて 日常徒然 感想&おすすめ 展示会のお知らせ 展示会にいったこと 夢日記 プログラムとかの話 サイトのこと ゲーム開発記 ゲームプレイ日記 ゲームの感想 あつまれ!どうぶつの森
Year: 2021 2020 2019 2018 2017 2016 2008 2007 2001
うめぼしのおにぎり
二つばかり鞄にいれて
好きな道をえらんで
散歩してきた

途中の公園で休んで
まったり

ここのところ風が気持ちいい
おにぎり二つで
足りるかわからなかったけど
わりとお腹いっぱいになる

うめぼしも、
ウメシロップも
作ろうとおもえば
つくれるもので

なんだか
買ったものとは違い
家の味がする

これがお袋の味とか
家庭の味とか
そういうことなんだろうか?

むかしは
いろんなものが手作りで
沢庵ひとつとっても
ひとつひとつ
家庭の味だったそうだ
んー沢庵つくってみたい

ぬか漬けとか
変わったところでは
卵黄の味噌漬けとか
興味あるんだけど
手間がかかる
だから、ずっと
躊躇していた

最近、お弁当もつようになって
せっかくだから
いろんなこと
やってみようかなぁと
おもっている
2020-10-20 15:45:21
梅雨と秋の雨は
どちらも長いという
降るとほんとうに寒くて
あたたかい上着が
ありがたくなる

同じ降るでも
雪のほうがあたたかいらしい
ほんとうだろうか

空が明るい雨の日は
わりとすきだ

雨のなか、かけていく
子供たちのランドセルが
幾色にも光っていた

信号のおじさんとか
おばさんは、
ボランティアなんだとか
みまもられて
安全に、安心して
すくすく育ってほしい

アメリカのセレブだかでは
ランドセルが
一時期人気だったとか
たしかにフォルムはかわいくて
革鞄のように
長く愛用できそうだ

日本ではなんだか
不穏な感じになる気がする
おしゃれとしても
無理がある



人が生きられること。

安心していられて
安全にすごせること

ひとが、ひとと
生きられる適度なこと

イキイキと
生きられること

まなびになり
ちからになる

そういうことが
一番大事だから

それからはじめて
そこを根っこにして
やっていけたらいいなとおもう



たしかなことに
繋げられるひと

リラックスさせることが
できるひと
笑顔にできるひと

ひとを、安全にできるひと

安心させられるひとが
いちばん、すごいし
ちからのある人なんだとおもう
2020-10-17 14:37:32
さいきん、お弁当をつくって
散歩に出て、数十分歩いて
運動して、たべて、
また数十分歩いて、
そんな風にしている

少し前までは
外でゆっくり食べられたんだけど
最近はもう寒くて
食べているのが
難しくなってきた

温かいお茶は
とてもからだが落ち着くので
いつももって出るんだけど
油断すると、熱すぎて
舌を火傷したりする

テキトウなベンチに座ると
飼い主さんの横で
犬が寝転んでいたり
猫が撫でられていたり
なんだか和む

これからも、外でたべたいものだ
凍える程寒くなる前に
お弁当をひろげられて
寒さをしのげて
ゆっくりできるような
調度よいところが
見つかればいいんだけど

いろいろ探している
2020-10-16 15:27:07
昔のゲーム、Flashを
すこしずつ
Windowsアプリに変えていってる
難しいようで
煩雑なだけ……

あのころの
「思い」みたいなところ
いまもある、

たぶん
これからは
もっと違う風に
かけるかもなぁと思う

なんだか自分のために
過去に手を触れて
洗い流してみているような
そんな時間だ

☆彡

大人ってのは
大人ってだけで
間違いもするし
ただしいことを
言えるわけでもない



今の「対策が練られないもの」は
世界の本質のようにおもう
「ほんとうのすがた」のように

ほんとうは
世界って、こんな風なもので
こんな風なことの連続で
それにたいして
ずっと、誰も、正しくなんか
なれなかったんじゃないのかな

見知らぬこと
知らないままに
なんとか
経験上の飛び石をしきつめる



真剣なひと
努めてきたひとの
話す話しは
とても価値がある



虚と実は
匂いが違う
ミッシリ感もちがう

みわけられるようになる



こどものころ、
大人の影に見ていた「すごさ」は
自分が幼く小さい弱いものだったから
見えていたものだ

ほんとうは
「すごさ」なんて
ひとは、ずっと
持てないようにおもう

それでも懸命にあるいて
道をひらいている

まよっても
傷ついても
不安でも
自分の足をつかって、
知恵を捻って
目をみひらいて
耳をそばだて
からだをつかって
道をひらいて
歩いてきたひとたちは
命のちからのようなものが、
とてもつよい
2020-09-01 10:06:34
まえも、暑いじゃなくて、
熱いんすげどって
日があったけど、ここんところも
熱い……

お気に入りの履きやすい靴が
コンクリートで焼けていく
足の裏が熱い…

下手に長く外にいたら
火傷するんじゃないか

江戸時代にも
気温が高い時があったらしい
どんなふうに
やりすごしていたんだろう?

近くの神社は
むかし、おおきな滝があって
あついときには
ラムネ売りがいて
一杯いくらでうっていて
ラムネ買いながら
滝浴びして
皆が涼んでいたらしい

良いなぁ、そこに滝はもうないけど
滝浴びして
ラムネ飲むとかいいなぁ
2020-08-12 09:05:13
... Prev[2] Next[4]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 .