Series: 自作ゲームのこと 未設定 日常徒然 感想&おすすめ 夢日記 プログラムとかの話 サイトのこと ゲーム開発記 ゲームプレイ日記
Year: 2019 2018 2017 2016 2008 2007 2001
町に水が溢れていた。

その上の板のような橋を私は渉っている。

おばあちゃんを捜している。

「ばばぁ」と叫ぶと遠くの方で「はぁーい」と声がする。

水がチャプチャプ鳴って

下の方に私の部屋が見える。


ゆくと、橋の隅っこで奇妙な格好をして(まんじゅう?)丸くなっていた。

どうしたの、と聞くと、「水にやられた」と言う、

「とても痛い」と言うが、顔はにっこにっこ笑ってる。

不気味だ、、、。

とりあえず髪を引っ張ってつれていく。

橋に体をゴンゴンとぶつけてとても痛そうだ。

でも顔は笑ってる。


「そういえばお母さんはどうしたの?」

と聞くと、あああれはねぇ、と言って語りだした。

「ダメだよ、あんなのは、お前もあんなのになっちゃいけないよ。」

良くある嫁姑の愚痴を聞かされた。

聞いていくうちにだんだんムカツイてきたので

捨てていこうかと思う。

「じゃ、私おかぁさん探しに行くから」といって、

橋の端っこにくくりつけた(非道)

「うん、うん、行ってらっしゃい」

と、現実では絶対あり得ない対応をされてとまどう。


顔が泣き笑いになっている(でも笑っている)

仕方ないのでもう一回ほどいて連れていく。

「良いよ、良いよ、お前一人で探しておいでよ」

とにっこにっこ笑って言われる。

道中ずっと言われ続ける。


ところで、長いなこの橋は。

どこまで行ってもきりがない。

アメンボの手足のようにカクカクとした長細い橋が

水の上をずっと続いている、、、。

しかも渉っているのは私とこの婆だけ。(よりによって不気味なバァだ)

オソロシヤ。


あんまりにもバァが「置いていけ」と言うので、

もう一回はしにくくりつけておいていくことにする。

何故に、くくりつけるのか?

追ってこられたら怖いからだ。


置いていこうとすると「あいたたたたた足がー!!」

と悲鳴を上げた。

「おいおい、だいじょうぶ?」驚いて縄をほどくと

「良いよ、良いよオイテって」とニッコニコ。

だからもう一度置いていこうとすると

「いったー!!足がいたー!!」

と大声で叫ぶ。

縄がイヤなのかとほどいたまま置いていこうとすると

ついてくる。

「良いよ、バァは一人でも大丈夫さ、行っちゃって良いからね」

「いいよいいよ」

と、ずっと後ろでブツブツ繰り返す。

怖くなって逃げようとした。そこで目が覚めた。
2001-01-05 04:21:50