Series: 自作ゲームのこと 自作ゲームについて 未設定 日常徒然 感想&おすすめ 展示会のお知らせ 夢日記 プログラムとかの話 サイトのこと ゲーム開発記 ゲームプレイ日記
Year: 2020 2019 2018 2017 2016 2008 2007 2001
ぐらぐらゆれる家の中に私はいた。

白くて青い柱に支えられた宮殿に私はいた。

ぐらぐらと家が、家だけがゆれにゆれて今にも崩れんばかりになっていた。

私たち家族は一列になって出口を目指した。

柱がやたらこあちこちに生えているので、通路は狭く、歩きにくかった。

白くて青い煙が行く様々なところで上がった。

やっと玄関にたどり着くと(それは小さな青い玄関だった)扉がちょっと開いていて

お隣さんがジーっとこっちを見ていた。

そして扉の隙間からそっと白い手を伸ばすと私に

一通の手紙を握らせた。

「これ・・・手紙」そういってお隣さんは隙間から消えた。

手紙を読むと昔の先生からの手紙だった。

「何?」「私の好きな先生からの手紙」

私は大事にそれをしまった。

そしてひときわ大きいぐらつきが家に来た。

私たちは急いで扉を開けて逃げ出した。

その先はプラットホームになっていて白い透明な電車が止まっていた。

母と父が先に乗っていて席を取っておいてくれたらしく

「**(私の名前)、**!こっちこっち!」

と叫んで手招きしていた。

しかし私たちは母と父の居る車両がものすごい人で

入れなかったので仕方無しに次の車両へ飛び乗った。

のった途端にスザマジイ音を立てて列車が発車した。


気が付くと私たちは町にいた。

列車から降りた覚えはないので

どうやら列車が町に変わってしまったらしい。

蒼い煉瓦で出来た町だった。

いつのまに夜になったのか黄金色の満月が

ほーほーと照っていた。

私たちはいつ着たのか茶色いカーテンをコートのように羽織っていて

みんなで照る照る坊主みたいに町を歩いた。

街灯の暗がりに一匹の猫が居て、じっと良く見ると、それは強盗の姿だった。

いつの間にか景色は家の中で

その強盗の前に血塗れの女の人が死んでいた。

私が「犯人は誰なの」と言うと、誰かが

「そんなこと聞くな」と言った。

その途端に全ては夢になって、私たちはまた猫の前にいた。

猫はすましてちゃんと座っていた。

私はフライパンで卵を熱々に焼くと、猫にかけて

じゅーじゅーに丸めてステーキにして食べた。
2001-01-05 04:21:52
山の夢を見た。

山の麓で私は遊んでいた。

私は7つか8つぐらいだった。

おかっぱで目がくりっと下女の子だった。

遊んでいた場所は山の頂から伸びるコンクリートの道で、

木々が道の横に乱立していた。

木々と道との境にコンクリートを盛り上げて雨道を造ってあった。

母は看護婦さんでピンク色の制服を着て帽子をかぶり、

知らない人と喋っていた。

私はそのそばで遊んでいた。

雨が降ったらしくて雨道が氾濫して水たまりが出来ている。

大きいのと小さいのと。

私はそれで遊んでいた。

水たまりは黒く、泡が立っていて、泡は七色だった。

石油である。

ぱちゃぱちゃと遊ぶ私に、母が「水たまりに入っちゃいけないよ」と言った。

毒だからだ。

私はうんうんと頷いて、水たまりのすぐそばに寄ったり離れたりして遊んだ。

いつの間にか来ていた妹に、「火をお持ち」と命令すると、

妹はマッチを擦って森に投げ込んだ。

森はたちまち勢い良く燃えさかり、ゴウゴウとうなり声をあげた。

(石油が流れてるんだ、木々は石油を吸って生きてきたから燃えるのだ)

と思った。

(場面転換)

山がゴウゴウと夜空に向かって燃えている。

そのそばで警察と妹と母とで手を繋いで立っていた。

その前にお婆さんが居てしわくちゃで、そのお婆さんは「村長」であるらしかった。

警察は村長に向かって

「お婆さん、山で遊ぶ物が居ないと子供は火をつける物なんですよ、

昔は居たでしょう?鹿とか。

(弓で鹿を射るイメージ)

鹿がいなくっちゃ、火をつけるしかないでしょう」

と私たちを庇っていた。

お婆さんはごちょごちょと何か言って怒っていた。
2001-01-05 04:21:52
木々の生い茂る森の中で私は門番であった。

木々は一本ずつに精霊が居て人の形を取って私の前をふらふら歩いた。

私の意識は突如、新入り、柳の木の意識になり、

柳の木として森を歩いていた。

すると悪い奴が森の木々の側からゴシゴシと土を掘っている、

土を盗む気なのだ。なにせとてもいい土だから。

柳の木である私は何をするわけでもなく其処にふらりと近づいた。

私の存在に気がついた悪い奴ら二人組は

大きな石を振り上げてガンと一発、私を殴った。

私の意識は柳の木から離れて宙に浮いた。

悪い奴らは倒れた柳の木をそっと持ち上げると、

掘っていた穴の中にぽいっと放り投げた。

穴の中には先客が居ておどろ木が木の姿のままにほおっておかれていた。

(おどろ木とは幹に悪魔のような顔が浮き出ているちょっとこわい木のこと)

穴は広くて、ちょっとしたドームになっていた。

地面は柔らか、悪い奴らが掘った「穴」空の光でみると

天井には無数の木の根っこが絡まっていた。

「悪者が掘ったからじゃなくてこの木の下には元から穴があったのだ」

柳とおどろ木は連れだって歩いていった。

そしてちょっと坂になっていて浅く地上に穴が開けている出口から

木々の精霊によって救い出された。

私はおどろ木をその出口の側で、なおかつ森の入り口の側でもある、

どぶ川が流れている方岸に植えた。

柳もその側に置こうとしたがいやがったので森の中においた。

「此処に来る人を驚かして門番になるんだよ」とおどろ木に言っておいた。

おどろ木はその通り、人々を脅かして

(彼はうなったり幹をゆらしたりするのがとても上手でした)門番になった。

そしておどろ木は枝に「パン」を実につけるようになった。

それはフックらでふわふわでバターとミルクの味が濃くてとても美味しかった。

木々の精霊と私は争ってそれを食べた。

しかしおどろ木は「どぶ川の水を吸い上げて実を作っているのだ。

こんな水で美味しい物を作って恥ずかしい」と言って泣くのだった。

そこでいやがる柳を説得して側に植えて、

「柳の根と君と絡まって、どぶの水を浄化させるから、もういいよ」と言ってあげた。
2001-01-05 04:21:52
町に水が溢れていた。

その上の板のような橋を私は渉っている。

おばあちゃんを捜している。

「ばばぁ」と叫ぶと遠くの方で「はぁーい」と声がする。

水がチャプチャプ鳴って

下の方に私の部屋が見える。


ゆくと、橋の隅っこで奇妙な格好をして(まんじゅう?)丸くなっていた。

どうしたの、と聞くと、「水にやられた」と言う、

「とても痛い」と言うが、顔はにっこにっこ笑ってる。

不気味だ、、、。

とりあえず髪を引っ張ってつれていく。

橋に体をゴンゴンとぶつけてとても痛そうだ。

でも顔は笑ってる。


「そういえばお母さんはどうしたの?」

と聞くと、あああれはねぇ、と言って語りだした。

「ダメだよ、あんなのは、お前もあんなのになっちゃいけないよ。」

良くある嫁姑の愚痴を聞かされた。

聞いていくうちにだんだんムカツイてきたので

捨てていこうかと思う。

「じゃ、私おかぁさん探しに行くから」といって、

橋の端っこにくくりつけた(非道)

「うん、うん、行ってらっしゃい」

と、現実では絶対あり得ない対応をされてとまどう。


顔が泣き笑いになっている(でも笑っている)

仕方ないのでもう一回ほどいて連れていく。

「良いよ、良いよ、お前一人で探しておいでよ」

とにっこにっこ笑って言われる。

道中ずっと言われ続ける。


ところで、長いなこの橋は。

どこまで行ってもきりがない。

アメンボの手足のようにカクカクとした長細い橋が

水の上をずっと続いている、、、。

しかも渉っているのは私とこの婆だけ。(よりによって不気味なバァだ)

オソロシヤ。


あんまりにもバァが「置いていけ」と言うので、

もう一回はしにくくりつけておいていくことにする。

何故に、くくりつけるのか?

追ってこられたら怖いからだ。


置いていこうとすると「あいたたたたた足がー!!」

と悲鳴を上げた。

「おいおい、だいじょうぶ?」驚いて縄をほどくと

「良いよ、良いよオイテって」とニッコニコ。

だからもう一度置いていこうとすると

「いったー!!足がいたー!!」

と大声で叫ぶ。

縄がイヤなのかとほどいたまま置いていこうとすると

ついてくる。

「良いよ、バァは一人でも大丈夫さ、行っちゃって良いからね」

「いいよいいよ」

と、ずっと後ろでブツブツ繰り返す。

怖くなって逃げようとした。そこで目が覚めた。
2001-01-05 04:21:50

中島みゆきの暗い歌が橙から紫色に染まって
今明けようとしている空に響いていた。
誰かが歌っているのか、それとも幻聴か。

気がつけば私はビニールでできた
おもちゃの城の前にいた。

げっげっげと、
二匹のカエルが門番のように城門の前でみゆきの歌にあわせて歌っている。
一匹は緑で大きなガマ、
もう一匹は鮮やかなオレンジ色の小さなカエル。

誰かが私の耳に何かをごちゃごちゃと囁いていた。
隣に誰か居るらしいが私はそれを確かめなかった。
私の目はカエルに釘付けだったから。

私の目の前でカエルの口が裂けていく。
歌いながら裂けていく。
赤い赤い口を見ている。
二匹のカエルの口が赤く裂けた。

口の中に白い紙切れがあった。
丁寧にたたまれていたので私はそれを取って広げてみた。

「あけまして」「おめでとう」

目が覚めてちょっと呆然とした。



2001-01-01 15:00:00
... Prev[98] Next[100]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 .