Series: 自作ゲームのこと 未設定 日常徒然 感想&おすすめ 夢日記 プログラムとかの話 サイトのこと ゲーム開発記 ゲームプレイ日記
Year: 2019 2018 2017 2016 2008 2007 2001
夢日記

カエルと城


中島みゆきの暗い歌が橙から紫色に染まって
今明けようとしている空に響いていた。
誰かが歌っているのか、それとも幻聴か。

気がつけば私はビニールでできた
おもちゃの城の前にいた。

げっげっげと、
二匹のカエルが門番のように城門の前でみゆきの歌にあわせて歌っている。
一匹は緑で大きなガマ、
もう一匹は鮮やかなオレンジ色の小さなカエル。

誰かが私の耳に何かをごちゃごちゃと囁いていた。
隣に誰か居るらしいが私はそれを確かめなかった。
私の目はカエルに釘付けだったから。

私の目の前でカエルの口が裂けていく。
歌いながら裂けていく。
赤い赤い口を見ている。
二匹のカエルの口が赤く裂けた。

口の中に白い紙切れがあった。
丁寧にたたまれていたので私はそれを取って広げてみた。

「あけまして」「おめでとう」

目が覚めてちょっと呆然とした。



2001-01-01 15:00:00
夢日記

マラソン


中学生の私は
中学校で催されたマラソン大会に出た。
最初は快調に走り続けていた私は
景色を見る余裕さえあった。
とみに早い。
最終のトラックに入り、
「後少しでゴール」と言うところで
力つき、倒れた。
手と足が鉛のように重く、しびれている。
「ああ!I(私のこと)、早く早く!!」
先にゴールにしていたAちゃんが叫ぶ。
私は後ろから人々が迫ってくるのを感じた。
しかし手足は動かない。
しびれを何とかごまかしながら、
ハイハイをして私はゴールした。
私の前に参人の女の子が居て、
それぞれ一等と二等と三等だった。


2001-01-01 15:00:00
... Prev[96] ---
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 .