Category : ★徒然記 おひさまの日 てんてこエッセイ BoysLoveなこと
Series: 自作ゲームのこと 未設定 日常徒然 感想&おすすめ 夢日記 プログラムとかの話 サイトのこと ゲーム開発記 ゲームプレイ日記
Year: 2019 2018 2017 2016 2008 2007 2001
いつもの雑感... 徒然記>> 夢日記

鬼ごっこ

鬼ごっこで私は逃げていた。

真昼の公園。

背の高い樹木が並ぶ。

走っていくと

何故か本を売っている一角に出会った。

「おい、店長!」と呼ばれて立ち止まると私は5才になった。

「この***って奴ですけどね、売れると思いますか。」

私は鬼ごっこで逃げているのに店長でもあるらしい。

「うん、かき氷の赤いのをつけると濡れるらしいよ。(そりゃそうだ)」

「ではやってみましょうか」

本屋の兄貴が手をすりあわせると床にしゃがんで石を拾い始めた。

その石をすりつぶしてかき氷を作るのだ。

私もしゃがんでみていると

「実はね、店長、私が鬼なんですよ。」

そういって兄貴が石をぶつけてきた。痛かった。
2001-01-23 09:00:00
いつもの雑感... 徒然記>> 夢日記

犯罪者M

Yが風邪を引いて寝込んでいるというので

みんなでバスに乗ってお見舞いにいくことにした。

地下鉄の駅にはいると、一緒に来ていたMが

何故かプルプルと震えている。

奥から警察が来て

「***と言う犯罪を犯した人がいるのですが

心当たりはありませんか?」と言ってきた。

振り返るとMはうつむいて顔を隠していた。

そこで私はMの方に優しく手を乗せて

「逃げて」と囁いた。

Mははっとしたように顔を上げて、

すぐに走って入り口に備えられていた掃除用具入れに隠れた。

ドキドキしてみると、警察は遙か向こうに行っていて

見つかる心配はないと思われた。

ベルが鳴って

「M(YではなくMと言った)様のお見舞いに行く方はホームにお入り下さい」

とアナウンスされたので

取りあえずホームに向かうと

Sが片方の足にMの上履き(青いから目立った)を履いていて

みんなに「何だこれは」「おかしいぞ」と言われていた。

「え?何が?」と聞くと、

「此処に犯罪者がいるぞ!」

「Sが履いているのは犯罪者の上履きだぞ!!」

とばれていた。

「武器を持て!!」と誰かが言いだして、

みんなウオオオオとばかりに掃除用具入れに向かい、

(掃除道具を武器とするらしい)がちゃっとそこを開けた。

「あ・・・」と言ったきり両者固まって動かなくなった。
2001-01-23 09:00:00
いつもの雑感... 徒然記>> 夢日記

吸血鬼に追われる夢を見る。

其処は宇宙船の中だ。

宇宙船なのに私の田舎と同じ家の造り。

畳も、トイレもある。書斎もある。

私はある一角に逃げ込み、押入の中に潜り込んで戸を閉めようとした。

しかし閉まらない。

何故かと(二段組の押入の下にいる私は)上を見てみると、

ものすごく太った人が先に隠れていて、

その肉がつっかえて締まらない。

そうこうしているうちに吸血鬼が来てしまった。

吸血鬼は私だ。

私の顔をしている。

二人いる。

「ああ、こんなところに。」

二人で顔を見合わせてニヤニヤ笑う。

「48才と(上の人のことらしい)2才(私のことか?)」

「どっちがいい?」

無言。

私は歯の根を囁かせて震えている。

「・・・48才でいいや。」

ぽつりと右の方が言う。

「じゃぁ、この子は吸血鬼に見つからないように。」

(何のことだろう?吸血鬼はお前じゃないのか?)

(吸血鬼は私だから私を心配して。)

氷のスプレーをブシューーーーーーーーッと吹きかけられた。

すぐさま肌が切るような痛さを放って私は凍った。

氷の中から吸血鬼を見ていた。
2001-01-23 09:00:00
いつもの雑感... 徒然記>> 夢日記

プール

妹と友達とプールに行くことになった。

近くの道路を歩いていると、もう水の跳ねる音が聞こえる。

実に楽しそうだ。

田舎のプールだ。

木が生い茂っている。

入っていくと、妹が「水着に着替えなくちゃね」と言って

近くにいた男の子を手招きした。

友達が「図書館で着替えるんだよ」と言ったので図書館に向かった。

妹が手招きなんかするから男の子が付いてきた。

私は図書館に着くとその子を

笑いながら「ハーイダメだよぉ」と言って通せんぼしたりして

虐めていた。

着替えると(何故か水着じゃなくて着物に着替えていた)

図書館の人が「こちらへ」と言って

プールの上に

杭と木で巧みに組んだ渡り廊下を案内されて座敷牢に通された。

其処には父も母もいてみんなでしんみりとお新香を食べていた。

「次にはケーキが来るよ、すごくおいしいよ。」

とおばちゃんが言ったので座敷牢はイヤだったけど、みんなで待つことにした。

ケーキが来ると、何故か頭の中にアナウンスが入り、

「そして私は実験をしてみることにした」

「1才から2才の******(良く聞こえなかった)すなわち、甘えである」

突然私は泣き出して、

「おおおおおお

いやだいやだいやだいやだぁ」

と叫び転がった。

アナウンスが「天才・・・猿」と呟いていた。

自分の叫び声で目が覚めた。
2001-01-23 09:00:00
いつもの雑感... 徒然記>> 夢日記

運動会

運動会が開かれ、

新人と全体会のチャンピョンがリレーで戦うというので、

私はかなり期待していった。

会場に行くと、実況中継が流れ

かなり場が浮き立っていた。

ぱーんと音がしてチャンピョン達が走り出す。

何故か二人とも「人間?」と言った奇妙な走り方をして

チャンピョンはカマキリのように手を胸の前で曲げ、

一歩前へ走るたびに

右手を「はっ」と素早く前に出して、引っ込め、内股で走っていた。

新人はゴリラの様に体をかがめ手を地面につけて走っていた。

どっちも遅かった。

そのせいか、会場のみなさまが怒ったのか

突然会場に黒いゴミ袋に入った生ゴミが飛び交いだした。

「おおっと、生ゴミが飛んでおります」

という実況中継が何か面白かった。
2001-01-23 09:00:00
... Prev[93] Next[95]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 .