Series: 読書感想 自作ゲームのこと 自作ゲームについて 日常徒然 感想&おすすめ 展示会のお知らせ 展示会にいったこと 夢日記 プログラムとかの話 サイトのこと ゲーム開発記 ゲームプレイ日記 ゲームの感想 あつまれ!どうぶつの森
Year: 2020 2019 2018 2017 2016 2008 2007 2001
「しらない」というのは
「経験がない」と同じことのようだ
「経験がないこと」は人は知らないのだ

「知ったような気になる」範囲が
どれほど広くても
「経験がないこと」にたいしては
「憶測」にすぎない

「執着」がなにかを
経験したことがなければ
執着を知ることはできないし
「大事」ってなにかを
経験したことがないなら
大事ってことも
知ることはない

「執着していること」と
「大事にしていること」は
全く違うことだ

☆彡

「しらないこと」を
脳みそは置き換える
「知っていることで
近そうなこと」に……
憶測と同じく
違うものなのに
それと同じだと思い込む

経験したことがないと
たいていは
その繰り返しだ

なんだか思うより
経験って大事だ

疑似的な経験をもたらしてくれる
読み物や
映画なんかも
大事なことなんだろう
2020-02-05 10:06:21
この世のたいていは
ことばではなくて

詩というのは
たいていのことばではないものに
肉薄するけれど

蛇足はいつも
遠ざかる
2020-01-17 13:59:22
最近外に出て
ものをみて
絵を描いてる

いろんなものを
鉛筆で、かきながら

なんか、
わたしは、いろんなもの
描きたかったんだなぁ、と
おもう

描けないから
どんどん辛くなる

でも、いろんなもの
描きたいから
もっと描いていこうと思う
2019-12-31 13:39:16
ミヒャイルさん著作の
「モモ」という小説
不思議な国のアリス
鏡の国のアリス
「星の王子さま」
こうしたものが
いまだに、なにかのおりに
ふれてくる

モモにはふたりの男性が出てくる
ひとりは掃除夫
ひとりは話好きの陽気な青年

灰色の男という
時間をぬすむものがあらわれ
モモが行方不明になったとき

陽気な青年には地位があたえられた
物語を話すという、地位を

そうして人たちは
青年のはなしを求めはじめた

青年が
どんな話をしても
泥の中に水を落とすように
かれらは何一つ満足せずに
欲しつづける

ためこんでいたものがたりを
話しつくした青年は
欲求をまえに、あせり
とうとう、
モモとかわした
大切な秘密の話をしてしまう

しかし
彼らはやはりなんのこともなく
態度も行為もかわりなく
ただ拍手喝采と金をあびせて、
青年にはなしをつづけるのを
欲求しつづけていく

……

話さないとならないことは
ひとつもない

私は、私のものにも
ひとのものにも
欲求には、あわせない

だれのものも
欲求は、底の抜けた穴に過ぎず
なにをあたえたところで
満足など、永劫にない

……

伝えたいとき
つたえたいことを
己をつくして
あらわしてみる

とても、うまくはいかない
伝わらないし
表現できない
だから
また、やってみる
2019-12-19 14:56:11
東京八重洲口 T-Boxさんで開催中の
「クリスマス・お正月展」に
参加しています

詳細はこちら

ちいさな飾りをすこしだけ並べてもらいました
土曜日まで開催しているので
お近くにおたちよりのさいは
ぜひお寄りください

★★

近頃、盆栽づいていて
きゅうに、鉢植えを
部屋の中で育てる様になった

ずいぶんまえから
ほしかったのだけれど
こうして部屋の中に
植物があると
どことなく、居心地がいい

大切にそだてていきたい
2019-12-09 15:04:04
... Prev[9] Next[11]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 .