Series: 自作ゲームのこと 未設定 日常徒然 感想&おすすめ 夢日記 プログラムとかの話 サイトのこと ゲーム開発記 ゲームプレイ日記
Year: 2019 2018 2017 2016 2008 2007 2001
夢日記

宿に泊まる夢

青緑に雨が降っている
修学旅行をしていたんだっけか
よく覚えていない
家に帰るにはまだ道のりがある
だいぶ雨足は強まり
途中で夜になりそうだ
宿を借りることにした

ちょうどよく
道端に宿っぽいものをみつける
木々は青く黒く
さびれた匂いがする
ふるく、どっしりとした
丁寧にすごしている
日本のやしきのにおい

かんばんは
達筆な字で読みにくい
突然だがとめてくれるだろうか
ドアを開けて、すいません、と
たずねたら
あいにくの雨脚で
満員なのですが
普段はとめない部屋があいているという

宿前の空き地は
ちいさな白い花が咲いていて
草のにおいがする

そこでよいからとめてほしい、というと
あんないされる
まるで迷路のような宿だ
途中、人が寝ている部屋を
しずかにはいり、しずかにわたり
しずかにでる

細い廊下をいったりきたりする
そういえば
雨で体がひえているので
風呂にはいりたいが
こうも入り組んだ迷路のようだと
迷惑をかけるだろう、と
今日はこのまま
寝るしかない、と思う

通された部屋は
ちいさく畳がすこしにおう
おくまったところに
無数のおかっぱの日本人形があって
真っ黒な目でこちらを見ている

おそろしいな、と思うが
つかれているから、布団をしいて横になる
2017-08-09 05:12:05
夢日記

神社に行く夢

知らない男性に付き添って
人を殺した男がいるという
民家に向かう

道はうすぐらく坂道で
すこしきつい
民家はしなびた竹でできていて
真っ赤な血の色がそこかしこにみえる

中から男が出てきて
神様を拝んでいたら
しんでしまった、と。いわれる

それでは、と
門をくぐりぬけたら
どこかの山寺の裏に抜けて
たくさんの神仏の像がゴロゴロしている

みっつばかり巨大な像があって
いつの間にか私は妹の手をひいている
母と父もそこにいて
ありがたい神様だから拝んで行きましょうという

門の横の神様は
黒光りする石に彫られていて
どうも大黒天にみえるが
顔がひどく険しい

この神様はおそろしいから
拝むと祟られるから
あちらにしようと
目を向けると

門の前をすこしいったところに
こちらも黒い石を
彫り込んでつくられた
どうも女性のような神様があって
右手をふりあげ佇まれている

樫の木で四角くかこまれていて
赤いおべべをつけている
脇のそこかしこから
竹や草花が咲いている

わたしは、ああ、この
赤いおべべを
血の色と間違えたんだ、と思う

足元にいって
みあげてもお顔がみえない
賽銭箱に銀色の五円玉をいれて
家内安全無病息災とお祈りする
2017-08-07 03:35:51
夢日記

洪水と宇宙人

薄い青緑いろの水が
街の中に溢れている
電気街
広い道路のところどころに
車や、標識がしずんでいる

私達は戦隊レンジャーみたいな四人組で
腰まである水の中
ほかの生存者をさがしていた

おおーい、だれかいないかー、と
リーダーが大声を出す
いきなり空にバチバチバチっと
電流が流れて
薄緑の宇宙人の顔がうつしだされる

ーーだ!

なにかテクノロジっぽい名前を
太った男戦隊がさけぶ(黄色のレンジャー)

まだ使えるやつがいたのか
どこからながしているんだ、と
レンジャーが口々にいう
おまえがこの洪水をおこしたのか!?
宇宙人にむかって
指をつきつけながら
黄色いレンジャーがさけぶと

【ちがう、わたし
みんな、さがしていた
いきのこり】と
宇宙人がかたことではなす

【いきのこり、
きみたち、みつけた
ここで、ない、どこかで
しずかに、はなしたい】

レンジャーたちは
まわりをみわたすが
落ち着ける場所がありそうにない

こまって宇宙人をみあげると
急にからだがふわっと浮いて
路地裏の
すこし空き地っぽいところに
しゅーん、と、
みんな引き寄せられる
どこからか机や椅子がとんでくる

みんながそれに座る

宇宙人がはなしだす

ところで目が覚めた
2017-08-05 14:17:39
夢日記


友達と暗い夜道でハーゲンダッツのアイスを買いました。
私はバニラレーズン、彼女はリキュール。
ふたりでぽてぽて歩きながらアイスを食べます。
「レーズンはサイの角でつけるんだよ」
「へぇ、そうなんだ」
だから奥深くまでレーズンが入っているのだなぁ、と私は思いました。
道の角に来て、ふと、振り返ったら、
いっぱいの犬が人に引き連れられて来ました。
しかも何匹かは縄すらつけていません。
私は無性に怖くなって、車道と歩道を分ける白い柵(円←こういうやつ)
の一段目にコアラのように、ぶら下がって、
犬から逃げようとしました。
ここなら犬もとどくまい、と思ったのです。
友達は慌てる私を冷静な目で見て「怖がるから噛まれるんだよ」と言いました。
事実、犬はぶら下がる私にうーと唸って
がぶりとお尻を噛みました。
ちょっと高かったけれど、犬が噛むには十分の高さだったのです。
私は「うひゃあ」と叫んで、駆け出しました。
(いきなり場面転換)
私は道の角を曲がって少し行ったところにある、
時計台(とても高い、木より高い)の一番上に猿のように掴まっていました。
父が私の尻を支えながら、
「ここにいれば、大丈夫だからな、動くなよ」
と言いました。
私が見下ろすと、友達が犬らに追われながら両手を上げて、
あっちの方へ逃げているところでした。
父が「とう!!」と叫んで飛び降りました。
友達を助けに行くのでしょう。
すると犬らは父に気がつき、「がー」「うー」と唸って
父を追いかけだしました。
とても高いところに居たので、父の悲鳴は聞こえませんでした。
2001-01-23 09:00:00
夢日記

ファッションモデル

おバァちゃんがいかれた服を着て

ファッションショーをする夢を見た。

足が気持ち悪くて

「もうやめて!」ってさけんだら

帽子で殴りかかってきてイヤだった。

取りあえず足払いをかけて逃げました。
2001-01-23 09:00:00
夢日記

賛美歌

協会で賛美歌を歌っている夢を見た。

パイプオルガンの上に乗って。

目の前に座っていた人がぷっと笑って

いきなり殴りかかってきた。

顔を真っ赤にして怖かった。
2001-01-23 09:00:00
夢日記

タイムマシンに乗って

タイムマシンを作る博士であった。私は。

しかし私は人を殺してしまい、追われる身となった。

「そうだ、タイムマシンがあるじゃないか!」

何故か「殺す前に戻る」と言う考えはなく

「時効が切れるまで乗っている」ことにして、

食料を買いに行った。

タイムマシンといえども万能じゃないらしく、

時をワープしたり早くしたりは出来ないので

(それじゃタイムマシンじゃないじゃないか)

時効までタイムマシンで食い寝の生活をしなければならない。

(それはタイムカプセルだ)

大量に食料(なっぱ)をかい、

(私菜っぱ嫌いなのに何で菜っぱなんか買うんだ)

タイムマシンに乗り込む。


ふっと景色が移り変わって私の意識は宙に浮いた。

ここでは、時の流れが以上に速く、

「下」に居る私が細切れのように動いていく。

誰かが

タイムマシンで生活する私を見ながら喋っていた。

「まぁ、一年もてばいい方ですね」

「ふむ、彼女は根性という物がありませんからねぇ」

「寂しがって出てきますよ」

「ほら、でてきますよ」

見たとおり、「下」の私がそぉっとタイムマシンから出てきた。

辺りをきょろきょろ見回して泣きそうな顔をしている。

何故か髭がぼうぼうに生えていた。

そこで目が覚めた。
2001-01-23 09:00:00
夢日記

図書館

図書館に行くと、魔女がグツグツとナベを煮ていた。

ナベの中には赤くドロッとした液体が入っていて

魔女の顔はアニメのように鼻が飛び出て目がギラギラしていた。

ナベの横に棚があって、いくつもの古い本が置いてあった。

Sが来て、「あれは私が寄付したのよ」

「ササゲモノなのよ」

「今ならまだ間に合うわ、欲しいモノがあったら取ってくれば?」

と言った。

見ると、モンゴメリーの自伝があったので

「これが欲しい」と言ったら、

Kが来て

「私もそれが欲しいけど

私はもう***と言う本をもらったからそれはあなたにあげるわ」と言った。

私はお礼を言ってモンゴメリーの自伝を胸に抱えた。

すると、奥の方にポー婦人の自伝があるのを見つけた。

「これも欲しい」と言ったら

Kがまた、「私もそれが欲しいわ。」と言ってきて

「じゃあ今度はジャンケンにしましょう」と言うことになった。

Hが来て、突然

「私は赤毛のアンの自伝を持ってるからどうでも良いわ」と言った。

そうなのか、と思いジャンケンをした。

私はグーでKはパーを出したので負けてしまった。
2001-01-23 09:00:00
夢日記

タクシーナ私

私はタクシーの運転手だった。

お湯の入った3分ラーメンが鳴るのを、

ハンドルに足をのせて待っていた。

すると了解しても居ないのにドアが開いて一見して泥棒と解る男が乗ってきた。

「おい、駅に行ってくれ」

「どっちの駅ですか?」

私はタクシーの運転手でありながら、警察でもあったので、

拳銃を出そうと捜しながら聞いた。

「何を捜しているのかしらんが

拳銃なら此処だぞ」

泥棒はにやにや笑いながら拳銃を片手に持ち上げて、私に構えた。

さすがは泥棒だ。いつの間にすられていたのだろう。

「オマエ。警察なんだな」

泥棒は私の手をあごでしゃくった。

いつの間にかそれは手錠で天井に繋がれていた。

私はふてくされて、自動的に車のドアをロックするボタンを足で押し、

これまた足でハンドルを握って運転しだした。

雨が凄く降っていて、ワイパーを出していなかったので

車の窓はまるで滝のようだった。

しばらく行くと、セットして置いたカップ麺がジリジリリリリリリと鳴った。

泥棒がさっと手を出してきたので間一髪で私はカップ麺を手にとった。

危ない危ない、これには仕掛けがあるのだ、

取られていたらどうなっていたことか。

私はカップ麺の下から生えている鍵で器用に手錠を外そうとした。

「これ、こぼしたら熱いよねぇ」カップ麺を頭上にかかげながら私は言った。

やっと自由になった手でカップ麺をじゅるじゅるとすすると

「いったいいつになったら駅に着くんだ」と泥棒が言った。

実はカップ麺は通信機で、食べると本署にその内容が通信されるのだ。

私の食べる音を聞け!本署のものども!

私はにやりと笑って、すすりながら「桜駅でしたよね」と言った。

(場面転)

雨の中、工事のおじさん達が光る赤い棒を振り回しながら

「桜駅に集合ー!!」と言って駆けていった。

(場面転)

泥棒はどうなったのか知らないが、気がつくと、

川が氾濫していて、橋に一杯の魚が生きたままピクピクと横たわっていた。

私は気持ち悪いと思いつつも橋を渡るために魚をぎゅりぎゅりと踏みつぶしていった。

川では「雨なので魚釣りをしないで下さい」という看板がでていたが、

大勢の人が魚釣りをしていて流されたりしていた。
2001-01-23 09:00:00
夢日記

列車でいく

テレポートの装置が山の上にあるというので

列車に乗っていくことにした。

途中列車が猛スピードで走りすぎ、

窓から人が吸い込まれるようにぼんぼん飛んでいってしまった。

「窓を閉めるんだぁ!」

と誰かが叫んだので急いで閉めると、

今まさに吸い込まれんとしていた妹を挟んでしまった。

「怖いよ~」と私は呟いてもう一度窓を開け、

妹を吹き飛ばしてから窓を閉めた。(非道)

以上。
2001-01-23 09:00:00
夢日記

吸血鬼

学校の屋上に小屋があって

私はそこで吸血鬼がいるらしいとの噂を聞いた。

そこで家に(何故か屋上から)飛んで帰ると

家に帰ったはずなのに、そこは学校の屋上であった。

髪の長い先生が

不思議がりながら飛んでいる私に向かって

「見たわね」と言って鉄砲を撃ってきた。

私が逃げるとその人は翼を生やして追ってきた。

よく見るとその人は牙を生やしていて顔が血で濡れていた。

屋上に血を吸われたらしいIが青い顔をして転がっていた。
2001-01-23 09:00:00
夢日記

うはあは

神社で、松本人志に

「風呂に入れ」と言われる夢を見た。

怒って私は空から生えているロープにぶら下がって

ターザンのように松本人志に体当たりを食らわせていた。
2001-01-23 09:00:00
夢日記

用水

△_△ ←このように二つの堤防で囲まれた、

緑色の用水、筒状のものから緑色の水穴が流れ込み、

二つに四角く区切られている。

|■|

|■|←こんな感じ

区切られた線の所は少し太くて人が座れるぐらいだった。

その一方に中国人のような、頭の毛の短い男が浸かっており、

そのまわりで、素っ裸のその男の家族が用水に小水を放っている。

もう一方の四角では体が子供で頭が大人なやくざが、

線に座って、用水に尻を向けて、大便をぷりぷりと入れている。

私は友だちと線の端っこに立っていて、

「うわーおしっこしてるよ」と叫んでいた。

すると友だちが「私も用水でおしっこしたい」と悔しそうに言った。

中国人の男は勝ち誇ったように

「こんな風呂に入れるのは俺達だけだーーーーーー!!」と叫んだ。

すると、用水の上から警察が

「こらこら、そんなところに入っちゃ駄目だろう」と注意した。

男が「なんだとー!!」とぶち切れたので私と友だちは用水の上に逃げた。

しかしやくざは動けなかった。

「ああ!うんこしている間は逃げられない!!」と私は叫んだ。

やくざは切れて迫ってくる男に

「何だコノやろー!なんだこらぁ」と叫んでいたが、

尻から大便が途切れないので動けずにいて、男に思う様殴られていた。

(記憶寸断)

やくざはその男の家族の長男になっていた。

「なんで俺がこんなやつらと・・・!」とよよよよ、と泣いていた。

家族はお金がないので、道路で生活をしていて、

その生活っぷりを私と友だちは右と左の木々から見ていた。

「俺はおりるぜ」

ちゃぶ台を出して飯を食べる家族に腹を立てて、やくざは言った。

すると家族の母親(太)が

「待つのよ!時給千円でどう!?」と持ちかけた。

千円!?と私は驚いて、「なら私がやるよ!」と言いそうになった。

(まて、待つんだ、様子を見よう、くれないかもしれないし。)

彼らの金のなさでどうやって千円も払うというのだ、そう思った私は

我慢して彼らを見守った。すると夜、母親がやくざに

「ご苦労様、これが今日の2万4千円」と札を渡した。

「く・・・くれてる!」

(こいつらビン●ーじゃないのか!?)と私は思った。

やくざは

「こんなに楽な仕事はない!」と次の日も家族の長男らしく、

飛び跳ねたりしていた。

そしたら警察が来て、

「この人は本当に君らの長男かね?」と尋ねた。

やくざは「そうです」と喜としていったのに対し、

家族は「えー違いますぅ」と頬を膨らまして否定した。

やくざはとても驚いて、

「なんで・・!?俺金もらって演じてたけど、

だんだんお前らのことが・・!」と叫んだが、家族は

「なにそれ」ととても冷たい態度をとった。

そしたら向こう岸でその様子を見ていた友だちが

「あああああ!」と切れて家族に殴りかかっていた。
2001-01-23 09:00:00
夢日記

チョコレートケーキ

ナサかどっかの宇宙を開発&研究しているところで

私と私の友だちは働いていた。

その研究所に行く道すがら、

道路の左側の歩道を渉っていると、

小さな子供のような大人が、歩道と車道を区切る植木の隙間から、

信号が近くにあるのに、(そして青なのに)車が少ないのをみはからって

ひょい、ひょいっと幾人も向こう岸に渉っていく。

私も「ああ、そうか、車がないし、良いんだ」と思って、

車がごうごう流れる隙間をひょういひょういと向こう岸に渉った。

渉りきると目の前に暗いデパートがあって、

中から私を呼ぶ声がした。

研究所ではないはずなのに何故か此処は研究所なのだと思って、

デパートに入っていった。

入ると、宇宙開発者達が大勢居て、

電気のない暗い部屋に、横長の机を数個置いて、3人ずつ座っていた。

彼らは1人ずつ持ってきたらしい、

可愛らしい、チェックや豚柄のテーブルクロスを

机にかけて、おとなしく座っていた。

黒板の前に銀色の筒や管などにスープやご飯が入っていて、

そこで1人ずつお玉を使って給食を取っていた。

まるで、小学校の給食のような眺めだった。

私は一番奥の机につくと、

其処にいた友だちに「給食美味しいね」と言って

いつの間にか持っていたお弁当を開けて食べだした。

なんだか友だちは誰かが漏らしただとかそう言うことを言っていた。

無駄話が弾む。

ふと訪れる沈黙。

私は沈黙がイヤで、「相性占いって知ってる?」

「うん、知ってるよ」

「それで占ったらさぁ、あたし達全員相性悪いよ」

「私たちの誕生日、知ってるの?」

「え、、、、、

た、確か、Sちゃんが、、、私と1月違いなんだよね」

「うん」

私は1回目を瞑って、

「11月24日?」

「違うよ~」

しまった9月の方だったか。

「間違っちゃった、Sちゃんと私の相性はいいかも

Aちゃんは10月4日だよね」

「うん」

「あんたの誕生日は忘れない」

「じゃぁ私は?」Tが身を乗り出して言う。

「えーーーーっと、、、

確か、珍しい誕生日だった、、、、」

「ううん」

「2月28日?」

「違うよ、Tさんは11月25日」

Sが無表情に言う。

「珍しい月だと思ってたから間違っちゃった、

まだ14才なんだーとか思いながら入力しちゃった。」

「うーん」

(ちなみに言っていた誕生日&計算は全然間違ってます)

私はふと、チョコレートケーキが食べたいなぁと思った。

そこで目が覚めた。
2001-01-23 09:00:00
夢日記

借金をする虫

夢を見たらメモを取るようにしているんですが、

こればっかりは解らない。

借金をする虫って何だ?
2001-01-23 09:00:00
... --- Next[1]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 .