Series: 鉛筆画と徒然 見えない世界の備忘録 水彩画と徒然 携帯絵と徒然 天神 世界の物語 不動明王 CGと徒然
Year: 2019 2018 2017 2016 2013 2011

猫と手ぬぐい

おだやかで、あたたかな日差し
それなのに空気が湿って
まごついたように
雨が、たすり、たすりと
たまに落ちては
あたりをかすかにぬらしている

縫いかけのてぬぐい
少し疲れてひざにおいて
窓へふりむいたら、いつの間にいたのか
黒い猫と目が合った
私が急に振り向いたから
おどろいたのか、小さな口をあけて
声もなく鳴く

「おや、おまえどこのこ」といいかけて
ふっと、思う
猫してはすこし大きい
いいや、大分大きい
オオカミのように大きい
金色の、澄んだ目

てぬぐいひとつほしい

猫が言ったのか、それとも雨音のそらみみか
てぬぐいほしい、と
また聞こえる

「ううん、おかしなこともあったものだね」

どうせ、と捨てる予定だった服さいたら
思ったよりつくりあがった
手ぬぐい

ふたつもみっつもあるんだ、かまわないだろうと
ひとつつかんでほうったら
口でうまいこと咥える

ありがとう

やはり少し、おかしいような気がする
窓は半分閉じかけていて
その先のあみどはきちんと閉じている
猫はどこから入ってきたのか

毛並みをひとつふたつぶるぶるふるわせて
澄んだ目をにょんまりまげて
ありがとう、と
また、そらみみのような声で言う

やはりおまえがいっているのか

聞こうとしたら
あみどのわずかな隙間から、
すいこまれるようにして
出て行った
窓が、ほんのわずか
音をならすように、揺れた

てぬぐい、いいんだ
こういうひには

目をしばたけば
肩がゆっくりあがりさがり
立ち去る獣の後姿、
その頭にかわいらしく
白い手ぬぐいをかぶっている

雨が降る前に
てぬぐい、ほしかった

ぼうっとしていて、
は、と気づく
洗濯物、いれなきゃね……
雨が降る前に

縫いかけのてぬぐいと針
裁縫箱しまって
たとたと二階にかけあがる
空はだいぶぐずついている
雨音に、耳かたむけて
気づきもせずに、縫っていた

かなこのかなこの、どこかで鳥が鳴いていた
2013-03-10 00:00:00

いまは、なんでも

ひとりのおばあさまがいらして
今は全く何でも手に入るから、と
おっしゃる
理屈でも、哲学でもなく
思い、考えでもなく
なんの重さもなく
――いまは、なんでもてにはいるから
そう、おっしゃる

だからでしょうか
ぬくもりを
てにいれるすべが
わからなくなるもんですね

そうして
なんだか透明な
きれいななみだを
たとたとおとした

なんででしょうね
ふと気が付くと
たったひとり

いまはなんでも
てにはいるから
ひとを てにいれることが
むずかしい

ひとのてのひら

わがままと甘え
いぞんと好き
どこまで、どこまで

わたしらしくとか
あなたらしくとか
すこし、わかりません
いまはなんでもてにはいるから
ひとのてのひら てにいれることが
むずかしい

 どうしたら
 ひとが そばに
 いてくれるんでしょう

 どうしたら
 ひとと ともに
 いられるのでしょう

それからおばあ様の涙を集めて
花を活けて
ふたりでお茶を飲んだ

いまはなんでも てにはいるから

口癖のように言われる
なんにも、手に入れられなかったように
さみしそうに、微笑まれる
2013-02-08 00:00:00

ゼンモンどう?

だいたいどうしておぼうさまはハゲなのでしょう
一番最初の方が決めたの?
お経は、ハゲ頭で、って
それとも徐々にはげに?
ハゲが流行して定着したの?

徳の高いおぼうさまが
ハゲだったから、流行ったの?
それとも、おぼうさまのどなたかが
ある日突然、イカス!と思って、はげにされたら
流行ったの?

そう、大仏さまにお聞きしましたら
――もっと違う質問にせよ――と
いわれました

わたしは、そういえば
大仏さまは
はげではないな、と
おもいました
(パンチパーマ)
2013-01-09 00:00:00

かしわもち

今日は砂漠の乾燥地帯に私はいました

のどはからからで
360度、すべてが砂地
なんのオアシスもみえません
息も絶え絶えになり
なみだながらに
いのりつづけ、
生きたいと願い続けました

そのとき、神の愛のような
優しい白い光が
わたしをつつみこみました

あんずるな、子よ……

神のようなこえが
ささやきかけ
わたしは
あたたかな温もりを
かんじました

――かしわもち

と、おもいました
神の白い愛につつまれたわたしが
かしわもちのあんのように
おもえたのです

あんずるな、といわれたので
ああ、もういいのだとおもったわたしは
もうなんにも考えず
かしわもち、かしわもちとばかり
考えていました

神は吹き出しました

わたしは、神が――たぶん、神が――
ふいたことに驚きつつ
神もふくのだとおもいました
2013-01-08 00:00:00

おぼうさまのはげ

森羅万象、なぜ、おぼうさまはハゲなのでしょう
髪を伸ばさないということは
素肌に太陽の暑さや、風の寒さを
感じることになります
わたしは、たしかな気持ちをもって
おぼうさまのはげは、森羅万象を
かんじるためではないですか、と
大仏さまに聞きましたら
大仏様は、――ちがうよ、――と
いわれました

おぼうさまが
森羅万象をはげで感じるなら
悟りにおうじて、はげの光りもつよくなり
最終的に後光になるのでは、と
考えたのですが、あっさり否定されました
2013-01-08 00:00:00
... Prev[27] Next[29]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 .