Series: 鉛筆画と徒然 見えない世界の備忘録 水彩画と徒然 携帯絵と徒然 天神 世界の物語 不動明王 CGと徒然
Year: 2019 2018 2017 2016 2013 2011

ほうふ

天神と、小さいさんと
一年の抱負について話している
私は様々におもいうかぶ
天神は「仲良し」にするらしい
小さいさんは「すばらしく」にするって言う

小さいさんも天神も
おみくじをひいたり
書き初めをしたりしていた

おみくじ、なんだったのって
きいたら、天神ははぐらかす
小さいさんは大吉だとおもう!と言う
みせてもらったら、
短冊にミカンの絵がかかれていた
そういうものらしい
2017-01-02 00:00:00
天神

天神さんとお酒のはなし

天神さんと
お酒のことを話してる

「黒糖のお酒って
ウィスキーや焼酎じゃないか」
天神さんはいわれます

私は下戸でお酒はよく飲めません
味を知りませんから
そういったことはよくわかりません
「知りませんが
黒糖がとろけこんでますよ」
そうつたえると
「おいしい」と
嬉しそうにくぴくぴ飲まれる
2016-12-29 00:00:00

道真さまと、恨みのはなし2

うらみと祟りについて
お話ししている

「わかりました、こうですね」
と、たまりにたまった怒念(放置していた)を
みずからの頭から
「ふんっ」てかぶったら

「そうじゃない!」っていわれたあと
つぼったのか
つっぷして笑われていた
2016-12-29 00:00:00

道真さまと恨みのはなし

菅原道真さんと
うらみ、祟りのことを話している
始終、笑っていらっしゃる

ひとは、せんほうがいいし
のろわず、にくまずうらまず、
憤怒は流れるまでながし
捨ておいたほうがよいと
いわれる

私は祟りもうらみも
ある種の浄化作用なのかと
思っていましたといいますと
そうではない、と
彼はいわれる

必要ないものだ、と……

微笑まれる
2016-12-28 00:00:00
見えない世界の備忘録

神さまのこと

神さまはよく
人間のとなりを
歩まれていらっしゃいます
わざわざ、
ちからのあるかたを頼らなくても

心根の深いかたならば
しぜんに、近しい神さまが
幸いやご加護を与えられていらっしゃいます

それは見えないものですが
たしかにあるものです

神さまが与えられることが
どのような現実をもたらすかは
人それぞれかと思われます

きっかけ、や、
気づくこと、閃き、が
幸運だったりもいたします

……

現実をうごき、現実にたずさわるのは
見えないものではなく
人間であります

やわらかな掌で
神さまが人間をふれましても
その目の前の現実に
触れなければならないのは
人間ですから……

運命や、日々これごとを
神さまが
なんとかしてくれることでは
ないのです

人間が現実に触れるとき
ただそっと、その手にそえるように
心の傍らをささえるように
ちからをかしてくださいます
2016-12-27 08:01:52
... Prev[20] Next[22]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 .