Series: 鉛筆画と徒然 見えない世界の備忘録 水彩画と徒然 携帯絵と徒然 天神 世界の物語 不動明王 CGと徒然
Year: 2019 2018 2017 2016 2013 2011
水彩画と徒然

鳴るのと、鳴らないの

大きめのシンギングボールも
手にいれまして
ならしましたら
小さいものより
やたらに、鳴る
クワワワワンと
鳴り響く

ええ、と
おどろきまして

こちらは
なかなかなりません
こちらは、かなり
なります、と
申し上げましたら

そういうものです

そう、笑ってらっしゃる
チャクラと
なります
ですから
おなじチャクラが
なりやすければ
なるんです

ならないからといって
わるいものではないし
鳴るからといって
悪いものでもない

良いものを買いましたね
そうして満足されている

ふたりですこし
かんかんと
ならしてみた
2017-07-06 07:00:00
水彩画と徒然

シンギングボール

シンギングボールを鳴らしておりましたら
自分もむかし、同じようなものをもち
ならして歩いていたと云われます

高価なものとか
よくなるもの、とか
そういったものではなくて
先人のお古をもらいうけて
ならしていた

わたしの時代では
お古をもらう、
縁とゆかりで
ながれてうけとり
それを己の身として
ならし
己の心をみつめていた

お古をゆかりにより
手にさずかるのが
一番良い、と
いわれていた

古びていても、すこしかけていても
そのほうがよかった
2017-07-05 11:42:12
水彩画と徒然

てのひら

黒い星空の下で
黄色い綺麗な花が
ぽてり、ぽてり
光ながら咲いている
よい薫りがする……



私が、さまざまに
怯えていたことを
伝えれば
すこし、笑ってらっしゃる

かわりはしないよ……

……たくさんのことが、惑ったり
混乱したり、
大変になったりするかと思っていた

……かわりはしないよ

……うん

空を見上げると藍色に流れています
星は空の花
花は地の星

天神さんのてのひらは
おおきくてあたたかいのです……
2017-06-20 00:00:00
水彩画と徒然

蒼い花

かためを閉じて
空を見上げる
何がみえるのですか



かなしいことも
くるしいことも
つづきはしない

それでも
すぐには
きえない

よろこびも
うれしみも
つづきはしない

それでも
またうまれる


つづきはしないけど
すぐにはきえない
わいて、しばらくしたら
きえて
また、しょうじて


蒼い花がたくさん咲いている
そのそばに座り込んで
麦茶をふたりでのみながら
空をみていた

ひかる星がたまに
ぽつり、ぽつり、流れ落ちていく


流れきえるもののなかで
きえないものが
ふたつ、ひとつ。あった

あなたが、いとしい
いきることが
いとしい……
2017-06-19 00:00:00
水彩画と徒然

なんとなく



パソコンをやりすぎて
頭も肩もいたくて
もみながらねていた

やすみなさいよ
気にしなくたって平気よ
安心して、やすみなさいよ
そうゆわれる

でもなんか、やりたくなっちゃうのよ

……あのね
もうすこし
落ち着きなさいな
もうすこし

そのほうが
まわりも
落ち着くのよ……
2017-06-16 00:00:00
水彩画と徒然

剣のかおり



蒼い蒼い夜空のしたで
不動明王さまが
剣技をふるっている

踊るようにふるわれている

不動明王さまが
怒りも、憎しみもないのを
剣の音がつたえてくる

怒りにやられましたら
舞いにはなりませんから
憎しみにやられましたら
舞いには、なりませんから……

誰かが話している

歌のような音が
剣のかさなりから
あたりに響いている

綺麗な髪の毛が
風にゆれ
動きにゆれ

……

怒りももたず
憎しみももたず
彼の目は静かなまま
剣が光をおびて
ふるわれていく

ただ、猛毒となるモノを
剣の風と、音が
浄めはらっていく


……

剣から
あかい、ひかる
とんがらしのような薫りがする

不動明王さまと似たような
きれいな薫りがする
2017-06-15 00:00:00
水彩画と徒然

あやまらないで



あやまらないで
許せないから
あやまらないで
許しているから、許せないから

……

明け方にいらした鬼は

あまりの怒りに
お顔があこうなりまして
角も金色にはえまして
牙もギラギラされる

許してはおけぬとだんじられる

ーー謝罪をされたら
溜飲がさがりましょうか

たずねれば
溜飲はさがらんといわれる

ーーへしおれば
さがりましょうか

さがらない……

なにをすればさがりましょうか

少し、思案されて
美味しいごはんを食べに行きたい
美しいものをみたい

そういわれる

……

夏の香りがしますから
若木、萌木のはえる香りだそうです

……

奇妙なことですが
許しているのです
謝罪もされたくないのです
でも、

しずかな冷たい水のそこから
あたたかな血がふきたつように
たまに、ぼっと
痛みをかかえ

……

あたたかなものを食べに行きましょう
梅雨があけたら
夏が来ます
2017-06-15 00:00:00
水彩画と徒然

お尻を祟る神様



夢を見た

なにか、美しい女性のようなかたが
きゃつめを祟る、という
きゃつめが何かはわからないが
祟るとはおだやかではない
なぜ祟るのか、とたずねると
みんなが、たたっているから、といわれる

神々が
みんな祟るということは
悪いやつなのだから
協力して祟る

でも、おもたるところは
みんな祟っちゃって
もう私がたたれるのは
お尻しかない、
そういわれる

きゃつめが座禅をくむたびに
おならがでて
集中がきれるようにしてくれる
などと騒ぐので
なぜか、おっぱいをもんでおいた
2017-06-14 00:00:00
水彩画と徒然

あめのかさ



金色の綺麗な雨がふっている
交差点のような世界に
ふたりでいました

たくさんのひとたちが
行き交いまして
たくさんのひとたちが
空をみたり、命をよろこんだり

私は傘をさして
さぁ、どこへいこうかな、などと
思います

どこへいっても
なにをえらんでも
私がすすんだときしか
変わらない……

どこにいこう、と
天神さんにきいたら
会いに行こう、といわれます
会いたいやつがいるんだ……
2017-06-12 00:00:00
水彩画と徒然

ヤクシニョライッサ



いつも
おなまえは、フッと思い浮かぶ
ヤクシニョライッサ

薬師如来さんにちがいない
なのに、
薬師如一茶って、よんでしまう

……昨夜のカレーは
スパイスいれすぎたし
アブラッコすぎて
ちょっと失敗だったなぁ……

つぶやいていたら

ヤクシニョライッサは
そうゆうのすき、っていう

ヤクシニョライッサは
スパイス(葉っぱ)とか、あぶらとかで
むかしは人をみていたって……

ニョライッサがあるくと
あしもとに
よもぎや、ドクダミや
薬の花が咲く

ニョライッサの掌からは
温かな香りの良い油がながれおりる

スパイスいれすぎたカレーみてたら
ニョライッサのかわいらしい手のひらや笑顔
おもいしたっていったら
原っぱで花をゆらし、みながら
あのカレー、私ににているから
私好きよっていう

なんか泣けてきた
2017-06-09 00:00:00
水彩画と徒然

ししょーと頭空っぽ



ししょーと散歩していましたら
おまえの頭、いまなんか
ことばで一杯だ、思考で一杯だ
と、後ろからいうんですね
やめてくださいよ、
エネルギーみるの!と
もうしましたのに
空っぽにしろ!空っぽに!
なるたけ空っぽにして
空にうけ!
とかいうんです
アニメの、ほら、ひとが猿にかわるやつ!
あれも頭空っぽのほうが
つめこめるってゆってるだろ!
空っぽにするんだ!
そうしてひとの頭を掌で
ぱしこーんぱしこーんてしますから
もおおお
ししょーが空っぽなのは
なんかわかりますが!
そんで今日から空っぽ鍛練だそうです
空っぽー
2017-06-06 00:00:00
水彩画と徒然

星降り

空から降ってきた星を
小さいさんと
天神さん、夜神さんはかこみまして
なにであるかをみわけています



たまに星がふってきて
龍だったり、だんたいの神々だったり
ちいさなエネルギーのかたまりだったり

天神さんは神様で云いますと
幼稚園の園長さんみたいなことを
されていまして
よく、ちいさな幼い方が
彼のもとにいらして
日々をあおがれたりするんですね

そんなエネルギーのかたまりだったりします

龍は不思議なもので
地におりて、たかまると
天にのぼり
(龍がいうには)地がたかまると
天と地がおなじになり
またここにいることになり

それが
星がふってくるようにみえるのだと
(じっさいは
地が高まってるのだそうです)

そうして、地から
御身がたかまると
また天にのぼるのだそうです

……

空はいつもきれいですね
神様もおおきさがあって
天神さんも
夜神さんも
たまに大きくなったり
わたしぐらいになったり……

うんと、一番大きい方が
たぶん、おおいなるかたと
いわれている方でしょう

きっと人が視ることのできる
把握することのできる
もっともおおきな方は
空や地のようなかたなのだろうと
わたしはおもうのです
2017-06-05 00:00:00
水彩画と徒然

空と山



空ほどの大きさをもつかたは
鱗しか見えません
龍のうろこのようですが
あまりに美しいですから
なにかそれひとつで
神なりと
間違えそうです

ゆうゆうと
はしりさられます

わたしたちは
ひとかけらの空を見て
昼と云います
夜といいます

きっと空のようなかたは
空ににていて
日にひかる昼と
影にすきとおる夜の
お身体なのでしょう

山ほどの大きさをもつかたは
爪の先しかみえません
そこに花のように
草木のように
ちいさな虫や命のように
光の欠片が
ふわふわ咲いて
たぶん、歩かれている
歩かれているたびに
光がゆれる

ゆっくりと
しかし、すざまじいはやさで
さられていきます

かぜがふいたようだね

天神さんはいわれます

あたたかな風だったね……
2017-06-05 00:00:00
水彩画と徒然

無駄になる話

無駄になる話を
あおぐろい
きれいな袴をまとったかたが
されている



無駄になる話を
得意になってまきちらすものがいる

それは、ひとの心に
耳を傾けないもの
状況を知ろうとしないもの
おのれこそは
無知無明でないという
愚かな者のくちからでる

そうして
いやらしいね。と
いわれる

きめつける
また、上か下かの視野がある
つねに
上になるために
きめつける……

こころ
きめつけで
あいまいなふらつきを
おちつかせるのだろう

それで、
日に日に
まわりに復讐のきもちや
憎しみのきもちが
たかまり
つのっていくのだが
それは、じぶんでは
気がつかないものなのだろう

……
わたしは友達に
言うてくれる方々がいます
わたしの姿を言うてくれます
何時
己を失うかわかりません
己の姿はみえにくい
ひとの姿はよくみえる
だから、伝えあおうと
約束したのです……

天の上から音がしている
たいそうな音だ

ひとの姿が
己のものより
よくみえるのは
協力しなさいと
いわれているように
思えるのです……

かれは少しおし黙った

信頼できる方がいることは
よろこばしいことです……


しばらく
ふたりで
天の音を聞いていた
があんごおんと
響いている
青い音

醜いものが嫌いなのだ……

そう、吐き出すようにいわれる

そうしたことを削ぐのは
努力などいらない
鏡を見て姿を整えるようなことだ
よゐこぶることではない

みにくいものは
ひとの、なにもかも
こころも、ありようも
きめつける
きめつける……
上と決めつけているのだ、
おのれを、無為に
己こそ無知ではないと
知っているものだと
あれらは
己が、
決めつけでできている
だから、えんえん、
ひとのことも
きめつける

わたしも、いかりで
いまは醜いな……

そういって、わらわれるから
首をふって否定した
髪はふりみだれ
目から濁った涙がながれ
牙がむきだしですが
美しいですよ
2017-06-04 00:00:00
水彩画と徒然

こころやま



こころやまというものがあります

気がつくと
そのやまの
そこかしこに

あざみ、たんぽぽ
つつじ、が実り
ブルーベリーや
いちごが実っておりました

ですから
ちいさいさんに
果実がりをして食べなさいなと
藤で編んだ籠をわたしましたら

きゃほう!と
たいへん喜んで
藤で編まれたかごを
カタカタならしながら、かたてに
森と山とを探検しだす

こころやまの真ん中辺りに
しずかに煌めく池があって
金色のお魚がおよいでいる
釣り針をきのえだでつくって
天神さんと、夜神さんは
釣りをされている

ちいさいさんは
かごいっぱいに
ベリーをつんできめ
その横でおままごとをされはじめた

美味しいですね
美味しいです……
2017-06-02 00:00:00
... --- Next[1]
Page : 0 . 1 .