Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 日常徒然 挨拶 作品について 不思議レポート 不思議な話 不思議な光の話 不思議と徒然 ラグナロクの話 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語 これからのこと
Year: 2020 2019 2018 2017 2016


…みえないもの



最初、かれらの姿が

みえたとき

嬉しかった



美しかったから



たくさん、美しいひとがかけるって



画家冥利につきる



……



正体を、はかることは

わたしにはできなかった



心根

尊敬できることや

大好きさが深まっていくことや



他人を、大切にできる人たちだった



大切にしている



正体より、それでいいんだと思う



……



わたしは、たぶん

自分は、そういうことが出来る人、

ではなくて

たんなる、そういう人間なんだ、って

だけなんだろうとおもっている



……



世界はおもうより

こころがひろいらしいから



たんなるこんな人間が

片隅にいても

いいんじゃないか

とも、思う
2017-05-16 01:00:00


不動明王さまは

神の怒りのあらわれといわれます



彼にふれていると

その怒りが

憤怒ではなく、憎悪でもなく



子供(命)を守る親の怒りと

おぼえしります……



それは青く紫色の静かな光です

焔にみえますが、光です……



……





根元にあるのは

我欲ゆえんの憤怒や

おもうままにならない苛立ちや

憎悪などではなく



他人への、敬いです



……



そういったかたは

現実を変えられる



そうした敬意を

重ねることにより

かえられる



……



神々も、聖霊も

よく、ひとのかたわらを

見守るがごとく

歩まれる



……



神は、善人さまのもとを

よく、おとずれています

気がつかないだけで……

だれでも、善明は

おとずれをうけています



……



みえないものは

みえないものですが



たぶん、このさき

だれもが、見る、心のように

おもえるのです
2017-05-15 01:00:00


じぶんのなかから

わいてくる、ものの

暴力的ないかり、が

さいきん、作画にならない



だいぶ、まえからなのだけど



それでもまえは

何度でもやろうとおもえば

それ(憤怒)をつかえると

おもっていた



つかえない、ほど

でなくなったのか



そうなって

いま、幸せかというと

あんまりよくわからない



……



もうすこししたら

自分に戻れそうだ……

何年かかったか……

まだ、油断はできないが



……



ひとの言葉は

経験か、こころか

そのひと、が

のっていると

ひかってみえる



根のあることば



重ねてくれば

育つのか



自信(自分を信頼する)……の

根拠といわれるもの

かもしれない



根のやどるところ



……
2017-05-15 01:00:00




なにが、音をきしませるか

似ているのに

すこし、ちがう

すこし、ちがうと

おなじにしたくなる



あるいは

まったく、ちがう

まったく、ちがうと

とおざかりたくなる



でも



そんなふうに

音がきしむような

ちがう

おなじではないひとなのに



信頼できるひとだなぁ、と

おもうひともいる



意見や、とらえかたではなくて

なんだか、信頼できるひとだ、と





あわせることもなく



はなしあえて、つうじて



こころのどこかが

かようような



そんなひとが

たまにいる
2017-05-14 01:00:00


大切なことは大切なひとに
つたえられればいいと思う……







ことば、というのは
わたしには
鳥のさえずりに
にたものにみえて


こころ、が
さきにあって
さえずりたいこと、が
あとにあって


それはたぶん、いわなくても
すべて、
ひとから、
ひとへの、思いなのだとおもう


ナンセンスでも
うつろでも
それでも、いいんだとおもう


……


したがわせない
ことばは
ひとのそばを
ひっかかりながら
からめながら
通りすぎていく


従わなきゃならないこと、では
ないから


でも、そんな
従わせない……には
他者への尊重が
あったりする
2017-05-10 11:42:26
... Prev[84] Next[86]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 .