Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 挨拶 作品について 不思議レポート 不思議な光の話 不思議と徒然 ラグナロクの話 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語 これからのこと
Year: 2020 2019 2018 2017 2016


じぶんのなかから

わいてくる、ものの

暴力的ないかり、が

さいきん、作画にならない



だいぶ、まえからなのだけど



それでもまえは

何度でもやろうとおもえば

それ(憤怒)をつかえると

おもっていた



つかえない、ほど

でなくなったのか



そうなって

いま、幸せかというと

あんまりよくわからない



……



もうすこししたら

自分に戻れそうだ……

何年かかったか……

まだ、油断はできないが



……



ひとの言葉は

経験か、こころか

そのひと、が

のっていると

ひかってみえる



根のあることば



重ねてくれば

育つのか



自信(自分を信頼する)……の

根拠といわれるもの

かもしれない



根のやどるところ



……
2017-05-15 01:00:00




なにが、音をきしませるか

似ているのに

すこし、ちがう

すこし、ちがうと

おなじにしたくなる



あるいは

まったく、ちがう

まったく、ちがうと

とおざかりたくなる



でも



そんなふうに

音がきしむような

ちがう

おなじではないひとなのに



信頼できるひとだなぁ、と

おもうひともいる



意見や、とらえかたではなくて

なんだか、信頼できるひとだ、と





あわせることもなく



はなしあえて、つうじて



こころのどこかが

かようような



そんなひとが

たまにいる
2017-05-14 01:00:00


大切なことは大切なひとに
つたえられればいいと思う……







ことば、というのは
わたしには
鳥のさえずりに
にたものにみえて


こころ、が
さきにあって
さえずりたいこと、が
あとにあって


それはたぶん、いわなくても
すべて、
ひとから、
ひとへの、思いなのだとおもう


ナンセンスでも
うつろでも
それでも、いいんだとおもう


……


したがわせない
ことばは
ひとのそばを
ひっかかりながら
からめながら
通りすぎていく


従わなきゃならないこと、では
ないから


でも、そんな
従わせない……には
他者への尊重が
あったりする
2017-05-10 11:42:26


界隈には界隈のエネルギーがながれている



アメブロも、アメブロという

巨大なエネルギーが

みえなくても、ながれている



レンタルしているブログによって

書くテンションが違っちゃうのよね

なんてことになる、場合

背後にながれている

界隈のエネルギーに

影響をうけているか、

のっているか、しているんだろう



そういった《エネルギー流》は

ひとを守っていたり、鼓舞していたり……

まもり、まもられていたりもする

アメブロは

ひとを守ろうとする向きが強い……



……



私はここ最近、自分は

スピリチュアルジャンルではないなぁ、と

そこから離脱した



スピリチュアル界隈にも

もちろんエネルギーは流れていて

私が述べている

《ジャンルが違う》というのは

そのエネルギーにのれない、

あわないというようなことだ



私は、自分は

見えないものとやりとりしたり

それをブログにしたいので

てっきり、スピリチュアルジャンルかと

思い込んでいた



でも、スピリチュアル界隈に流れている

ジャンル・エネルギーは

《内観、魂の生き方、求道》の

ようなもので



私は、それは

無理しないとのれない、

文章にできない

自己と馴染まない



それで、離脱した……



いまは、

自分のジャンルは

ギャグマンガかなぁ、と

ぼちぼち歩きしている……



求道ではないのはたしかだ



……



ジャンルから離脱して

書こうと思うことが定まらないため

しばらく、

なにも書かない日が続いている



さだまり次第

かきはじめようと思っている



オカルトではないし

ファンタジーでもない

スピリチュアルでもないが



なんか、変なものがからんでくる

日々のこれごとみたいなのなんだが
2017-05-09 01:00:00


言葉はたましいからだされたとき

ひとに響く

すべてそうなんだろう



……



目に見えないものは

目にみえない

当たり前だが



第三の目のようなところで

わたしは視ている

(感じて視覚化している)



ことばに変換しているけれど



そこでは

心と心のやりとりにすぎず

言葉はとくにない



なかには

話し合い(言葉と心のやり取り)で

かれらと交わすかたもいるけれど



私は会話のほうは難しい



かれらの名前も、

また存在も

なんとなく感じるものや

心の行き来で

なんとなく、わかるだけだ……



……



かれらは

すがたはないが

心という実態があり



また、《私》ではなく

どこまでも《他人》だ



……



他人は……私ではない《命》で



それをわすれると

彼らはわからなくなるだろう、と

おもう
2017-05-09 01:00:00
... Prev[79] Next[81]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 .