Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 作品について 不思議レポート 不思議な夜の話 不思議な光の話 不思議と徒然 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語
Year: 2019 2018 2017 2016
未設定

ネガティブな流れに自我をあわせないこと



もともと、人間は
ポジティブなものが本心神髄にあり
愛していたり、無垢だったり
無邪気だったり、好んでいたり
可愛いこと、よろこばしいことを
深く感謝したりする命です

それは神のわけみたまであり
ひとりひとりが、神の子であるためです

ひとりひとりのもつ本心は
神髄(本心の核をなすもの)があり
そこはまばゆい光に満ちてあります



自我と己はべつものです……

自我は外側とワタクシゴトの間に生じる
錯覚をふくむ、実態のないものです

本心が善良性をたもち、
神髄では神とともにあることと、
ここに実態(みのり)があります

間に生じる蜃気楼のごとき自我とは
まったく、ことなることが多々あります



本心と神髄を無視し
自我ばかりを優先させると
苦しみ(あるいは人間関係の問題)が
うまれやすくなり

また心身にゆがみも生じていきます……

ネガティブな存在のなかには
この自我のふりをして
堕落、あるいは、ムカつきのエネルギーをもって
言葉ではないモノで
ひとに囁きかけるものもいます

誰かにいらいらしたり
被害妄想にとらわれたり
人が悪いようにおもえるときは

もしかしたら
この堕落したエネルギーの囁きを
自我(自分のもの)と思い込んで
とらわれてしまっているのかもしれません



ほんらいの神髄にたちもどり
ほんらいの本音、本心でいきることは
モトノキ(元気)を活性させ
常に安心と安定につつまれる

目の前に、人間関係の問題が
あらわれるのだとしたら
あなたの、こころのこたえをもとめる
問いかけのようなものです
(人生上の禅問答ですね)

本心からこたえられたら
あなたは、貴方に戻ることができ
貴方の安心にいだかれるでしょう

とくに、昨今は不安や怯え、心配を
とりこみにつかうものが多いです

奇妙なはなしですが
不安や怯える心配はなにもなく
すべては采配のうえ、
光の世界に向かっています

人間(他人)や国
世界や、あるいは神々を
ネガティブにみせるエネルギーの囁きに
ご注意のうえ、のみこまれないようにされてください

それは貴方の不安、怯え、心配などの
ネガティブな思慮をこのんで
とりついてきています

「なにかが悪いように感じる」
「誰かに問題があるようにおもう」
「悪い流れに、人のせいですすんでいる」
「私は善良(よくやっている)なのに
あのひと(たち)は
悪人(堕落している、怠けている、
よくしていない)」

これが錯覚です

本心から、神さまを受け取りながら
世界をみつめなおしたら
「改善心は己にあり」
「すべてが光に向かっている」ことが
感じるかたなら、受け取れるかと思います
2018-07-02 08:56:42
未設定

可哀想と、慈悲のちがい(前の記事の補足事項)



可哀想というエネルギーと
慈悲のエネルギーは
まるでべつのものです

慈悲のエネルギーは
慈しみ(愛)が根元にあり
痛みや苦しみに悲しみをおぼえるもので
相手の自立や自主を邪魔しません

可哀想というのは
自分への憐れみというのを根元に
その反射で相手を哀れむため
相手と自分の切り離しがなく
いつしか依存、なめあう関係をもとめがちになる



人や命への心愛が
苦しみに
悲しむのが、ひとのもつ
ほんらいの悲しみのようです

自分が可哀想だから
可哀想さが反射するのは
穢れからたちのぼる
錯覚のようです



この慈悲もまた
穢れ錯覚からの、祓い清めの道筋があり

「自分が可哀想」というエネルギーから
いちど「自分も、ひとも、愛しい」に心感を上げ
その後「愛しい、苦しみは悲しい、
苦しみを改善していこう」に
あげなおすことができます……

終わっていく、消滅していくエネルギーに
のりつづけると
錯乱や混乱がおおくなりますから

なにか乱れをもつエネルギーがあるなら
よろしければ、そこからは
道筋をみつめなおし
善心のほうへ、心感をあげられてみてください

とたんに、乱れが落ち着くかと思います
2018-06-28 10:03:19
未設定

可哀想というエネルギーが消えていくこと



本日より
「可哀想」という
哀れみのエネルギーが
消えていきます

ともない、
「私が可哀想」とか
「●●さんが可哀想」とか
そんな気持ちが
なりたたなくなってくるでしょう



みえないところの
エネルギーの「かえ」は
ふかく、そうして
とんでもないスピードで
進んでいます

現世には影響がゆっくりあらわれるので
先日の被害者意識のエネルギーが
きえていくのとあいまって

人のことに口を出したり
人の行為を欲したり
こころをさいたりするよりも
自主自立し、自己をもつ世界に
進んでいきそうです……

(実は、依存というのは
可哀想というエネルギーと
それをあとおしするエネルギー流が
背後にあったから
成立していたのです……)



また、地上にある神社仏閣、教会などの
見えないところでの「組式」が
かわりました

神々さまは(私から観ると、ですが)
神界天山を本山とし
下界への干渉を極力おさえるかたちを
とられるようです

これも、古の世界のエネルギーから
がっつりと
エネルギーがえをおこなうためのようです



神々さまとつながる方(善心善良なかた)は
すでに、来るべきこの日のための
救済処置がとられており

神々さまへの無礼や踏みにじりをされない限り
お手持ちの、善なるほんとうのお心から
お姿を隠された神々さまとは
かわし、つたいあえるようになっております

ですから、感じる方の中で
これから先の神社仏閣に
異なる気配や、
神々さまの不在を感じられても
どうぞあわてず、お気になさらずに
善なるお心でお祈りされてください

神々さまは
善心とはかならずつながっております
2018-06-28 09:32:43
未設定

能力の解放



先日、人間の能力の解放が
おこなわれました

ヒーリングとか
お祓いとか、もっとほかの異能力
[自分でできる
ナニカ不思議なことがある、
ナニカ、これができる]が
このさき、おぼろげながら
見えて、はっきりしてくるでしょう



ひとはもともと
ひとりひとりが
異能者であり

かくされた秘密の世界で
はなしあったり
かかわりあったりしている

神の子でもあります

てのひらをからだにあて
ヒーリングをしてみてください

エネルギーの循環がわかりますでしょうか
あたたかになったり
癒されたり




あるいは最近
こうしたブログ(スピリチュアルなどの)の
エネルギーがみえたり
感じたり……

のたまわれていることの
真偽が、ふと、わかったり

そのひとの、ひととなりが
ふと、わかったり
されませんでしょうか……



ひと、は
ひとりひとりが
すべて、ことなるエネルギーをもち
ことなる力(隠された力)を持っています

みえかたも
感じ方も、そして、その力の使い方も
あなたにしかなく
貴方が、あなたを
育むものです

……

人間の隠されていた能力は
次々に
解放されていっています

みえないものや
現実の、他人の、正体や、真贋
ちからや、実力

もう、あなたには、
みえるし、わかるのです

目、つたえる口、聞き分ける耳

すでに封印は解放されています

見えない世界のすべても
見えないところに隠された姿も
そのうち、誰もが
わかり、見え、伝えあう日がきます
2018-06-26 17:01:10
未設定

指導者はもういらないこと



ずいぶん、
みえないところでは
ひとたちの意識
心理がかわり
すす祓いがおこなわれてきました

もう、指導者の必要性は
なくなっていきます

誰かに教えてあげようとか
伝えなきゃならないこと、は
それを先に知る役だった方々にも
この先は、おりてきません



教えてもらう必要がなくなったことに
やがて、気がつく

そうして
ただしい指導者(天に采配されたもの)なら
導くことが
必要がなくなったことを
体感するでしょう

采配……己の役のかわりどき

もともと
そのひとにおりるものは
他人のことではなく
(他人への問いかけではなくて)
そのひとへの問いかけであります

誰もが、つねに



ヒーラーは
学びの期間
病の苦しみ、歪み、痛みを体にコピーし
エネルギーで解毒、治癒する方法を
会得していきます

ことばや、教育で
つたえられるものではありません
(人の技をみていても
つかもうとしなければ
つかめないことです)

それとおなじように
指導者、先駆者は
学びの期間、理解できていない姿を
体にコピーし
エネルギーで、つたえること
教えることを
会得していきます……

ですから、教えるものは
教わることが得意です



学びをおしえるものの真価は
まなびにはなく
学ばせる力、伝える力

うけとった[識、こと]を
ひとに、与える力にありました

指導という役がほどけても

出来たこと、あなたの力は
かわらずにそこにあります
2018-06-26 16:03:31
... Prev[6] Next[8]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 .