Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 作品について 不思議レポート 不思議な夜の話 不思議な光の話 不思議と徒然 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語
Year: 2019 2018 2017 2016
豆知識&やり方

祟られない人



祟りというのは
たいていは
神域をおかしたことによる
報いとしてあらわれます

あるいは、負債への
返済として
現れることもありもします

……神域をおかすひと、の多くは
見えない領域を
仕事にされている方です

見えない領域へのかんしょうを
おこなうようなことを
している方の
一部は
ほぼ、祟られています

ですから、祟り神がみえますと
祟りがみてとれますが
だいたい、普通に
すごされているひとではなくて
お仕事として
見えないことをされている方のほうが
祟りを背負われている確率は
たかいです

……

そうした方々の

祟りをうけるひとと
祟られない人の差は
ひととひととの関係性にも
現れるようです

ひとを侵害しないひとは
見えない領域でも
侵害をしません

ひとに敬意尊重を抱く人は
見えない領域でも
敬意尊重、礼心をつくされる

学ばれる方は
学ばれる

人への態度、行為、言動、思慮
わりと、そのまま
見えない領域でもうごかれる

ですから
人に対し無礼な方は
神社に行かれた回数分
被られていたりする

……

見えない領域への
かんしょうをおこすことは

金銭がからむにせよ、なんにせよ

見えないのなら、やめたほうがよいです

知覚できないなら
しないほうがよいです

みえないのに
みえた気になり
うごくことは
多くのさまざまな存在がいるなかで
挑発的な荒らしを行うようなことになる

なにをしていいのか
してはいけないのか
わからないまま、

サファリパークで
車をおりて笑いながら歩くようなものです

……

神様が
「そのひと」を
どう感じ、どう評価し
おもってらっしゃるか、は

他人がそのひとを
どう感じ、どう評価し
どうとらえているか、と

わりと
似ています
2017-09-07 10:50:52
不思議レポート

状態と状況



状況により
状態がかわり
状態により
気持ちが変わる

ひとはたくさんの状況や現実のなか
様々に生きております

状況がひとをつくる。という一面を
わたしはなんとなく感じるのです
状況により状態があり
状態は、誰でもなるのではないかと

怒りや憎悪、うらみつらみ
喜怒哀楽は
状態です

しかし、状態により
様々にかわりながら
ひとは、ひとりひとり
かわらないものをもつ

わたしは
このことに
興味がつきないのです

状況により、状態がけいせいされる
だから
そういう気持ちにはならない、というのは
誰も固定化してもてない
そういう気持ちというのは
状況からくる、流れのようなものだからです

しかし、同じ流れをうけながら
ひとはやはり千差万別で
かわらない、芯なるものがあるのです

芯なるものを
私はいまは
そのひとなりの
生きてきたなかで
つちかわれた
思想や哲学におもえます

いわば、人間とは、と
言う部分です
2017-09-07 03:25:45
不思議レポート

心が魂とつながり、いきているか



心がおちついて
すんでないと
さまざまなことの
区別がつかなくなります

心がおちついて
すんでおりますと
すんだ水のように
見渡せます

区別がつかないときに
うごきますと
体が動いていないのとおなじ
頭が動いていないのとおなじで
心がうごいていないのに
無理にしますから、
判断も無理やりになり
むしろ、
なにも判断しなかった時とおなじく
ただ、反射、反応のようになります

そうした心を
スキといいまして
スキをねらうものは
多くいます

……

こころが活発というのは
魂と、こころが
つながっていることです

魂と、こころがつながり
こころと、からだがつながると

それは落ち着いていて
天真爛漫になります

……

魂というのは
現実をまえに 思考ではなく
存在としてあります

おちついていて
天真爛漫で
とらわれていない心の状態が
魂にちかい

……

心をおちつく

これをすると心がおちつく
そうしたものは
何個かあるととても良いです

そうしたものが
良質というものなのだろうと
私は思います
2017-09-07 00:56:15
不思議レポート

ひとのこころはひとのもの



ひとのこころは
そのひとのもので
誰かが、むりやり
かえようと強いたり
そいだり、そこなわせたり
たしたり、つけくわえたりは
ほんらいは、侵害なのだと思う

自分のものと、
その人のもの、と

わきまえを、ひけて
おもうなら、

意見があっても、
たんなる選択肢や
視野の提供にかわり

正しさのふりをした
支配欲からは
自然におりるんだろうと
私は思う

……

見えないことがわかっても
ひとのものが、
ひとのものであることは
なんのかわりもない

わかることが
ふえたとしても

ひとのものに、手を出さない
ひとのものを、壊さない
そいだり、きずつけたり
踏み込んだりしない

なんにも、かわりない

人は自由、というのは
選択権利はその人にある、とか
そういうまえに
そのひとは
そのひとのもので
他の誰のものではない、と
いうことが
あるんだと思う

……

指導、というのは
たぶん、誰も
できないものなのでは
ないかとおもう

いわば
「出来たらいいな」みたいな
幻想的な理想像に
すぎないんじゃないかと

ひとのものは
ひとのもの
自分のものが
自分のもの

私は
正しさのまえに
胸を張る人は
きれいだな、と
思う

正しさは
うぬぼれも
幻想的な理想像も
もっていないから
2017-09-02 09:16:43
不思議レポート

気を付けること



気を付ければできること、避けられること
というのがあって
それは我慢することや耐え忍ぶことではなくて
それをしないように
ふまないように
気を付けるだけです

昔は「おてんとうさまが見ている」という感覚があったといいます
「おてんとうさまに恥じない行為をしよう」と
いわれていたそうです


日の光の下、光のもとに
なにをさらけだされても
恥ずかしいと思うような行為には
ならないよう、しないよう
生きたいなぁ、と
思うのです
2017-08-26 02:00:40
... Prev[57] Next[59]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 .