Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 作品について 不思議レポート 不思議な夜の話 不思議な光の話 不思議と徒然 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語
Year: 2019 2018 2017 2016
豆知識&やり方

精神性世界と、形のない世界



何かができる、というのと
精神性というのは
別の次元のもので
本来は、比較の対には
ならない

精神性をもとめていくと
階段をあがるように
できることが深まったり
増えたりするのだけれど

精神性とできることを
比較の対として
上げるなら、その時点で
誤認があるのだと思う

……

精神性は
思想、思慮、哲学、智識
「概念」と友になりやすい

できること、というのは
現実であり
また行為

……

形なき世界は
概念がない

エネルギーに
なにがしかの
かんしょうができる、というのは

形なき世界に
なにがしかの行為ができて
その結果、ものごとが
かわる

手で触れたり
足で歩いたり
目でみたり、みぬいたり
コミュニケーションがとれたり

そうした世界に
そうした行為ができる

……

その世界は
概念がないため
精神性の世界とは
ぜんぜん、別のもの
別次元のもので
イコールにはならない

精神性の世界は
概念をもさくしたり
概念と概念のはざまで
なやんだり
くみとったりして
精神をみがくことに尽力している

概念がなければ
精神性の世界には
触れれないかというと
そうでもないのだけれど

とにかくなにがしかの
概念があれば
それにより精神性を象ることができる

精神性をかたどると
みえるのは
他人のすがたではなくて
己の精神や心の姿

まわりを象ることにより
己を浮き彫りにして
みすえる

己の知りざるを知るような
そんなところがある

……

形のない世界と
精神性という象りの世界は、
対になるようで
ならない

象りの世界の
とある境地から
形のない世界に
触れる方はいるが

形のない世界は
概念がないため
概念を手放す、すなわち
思考のない
無心の状態になれなければ
受け取ることはできない

……

無心は
形のない世界に
触れるための作法のようなもので

形をいっかい手放す
こころを象るものを
手放す

それは雑念や意識ではなくて
たんなる集中になる

傾聴ににているか

……

悟性と誤認される時もあるけれど
無心は悟性ではないと思う

むしろ訓練、修練で身につく……
柔道のカタのようなものだと思う

……

私は、悟りのことは
しらないけれど


たぶん、それは
象りながら
己を研磨し
質をたかめていく
精神性の世界と

象りではなく、行為により
心や魂の力や
実態を研磨していく
形のない世界の

邂逅なんではないかと思う
2017-09-27 03:19:39
豆知識&やり方

悪意がネガティブ



ほんらいは
天界の許可がないと
さまざまは動けませんし
許可もないのに
うごいたら危ないことになります

それは天界が罰する、のではなくて

たんに見分けがないから危ないのです

……

ひとは
気に入らない人と触れたり
攻撃をあたえられたり
さまざまな時々
ひとへの悪意を持ちます

これがネガティブ・エネルギーなのですが

このときに
祟りのエネルギーに
シンクロする人と
呪いのエネルギーに
シンクロする人でわかれ

なおかつ、
そのエネルギーを
おもてにするとき
「エネルギーを清解、消火する」行為と
「世に災いとして流す」行為で
わかれています

あぶないのは
これが
「ちょっとしたこと」に過ぎない

またそれを感じているときは
たいてい
「悪意を持つ側」ではなく
「相手が悪い」側に居ますから
自分は「正しい行いをしている」になり
恥もない

一般的な方の場合
天はそれほど厳しくはありませんが
見えない領域に
手を加えることを
されているとき

この「無意識」な「悪意」の
ありようで
かえるものが
まったくかわります

……

こうしたことは
言葉ではなく、
内心のエネルギーですから
うわべの態度や
言動でごまかせる事はありません

ほんらい、
見えない領域に手を加えることが
できるのであれば
「いま、なんのエネルギー状態か」
「それをどうしているか」は
自覚がつきますし
またしなければなりません

……

あぶないのは
「悪意がかえる」からではなく
「悪意を流す」からです

見えない領域に
かんしょうする、ということは
多かれ少なかれ
己の悪意が、
領域に影響をもちます

もちろん
その悪意は天意とともに
己にかえりますが

それよりも、
かんしょうできるからこそ
悪意を無造作に顕せば
影響が濃いことが
問われるのです

……

見えないものをみるものは
「信じないでください」とか
「責任はじぶんです」とか
どんな言葉を連ねても
ひとに、影響をもたらします

そうしたことに
一般の方は
問題はありませんし
責任はないのです

自然だからです

自分よりものが見えているひと
自分より力がある人
自分より出来ることがある人に
影響をうけることは
人間のもつ
自然な性質だからです

かかわることによる
事事の責任は、
かならず
見えないものに
かんしょうする側
力がある側に
もたされる

信じられても、依存されても
自立されても、不信されても
どんな影響を、人にあたえたか
それは、力と
かんしょうをおこした側の
責任になります

一般の方に
見えないことへの責任は
ありません

……

見えないものをみたり
見えないものにかんしょうできるなら

ひとにも、現実にも
些細な言動でさえ
「とても影響をもたらすんだよ」というのが
とても、だいじなことで

そこが
把握できると
ちがうのです

……

「悪意」は「相手が悪い」です

……

さて、その上で
ここから面白い話をしますが
祟りにシンクロする人と
呪いにシンクロする人とで
わかれている話をしました

それぞれ、
「そのまま悪いことを
悪いまま、流す」なら
災いをつくりあげます

が、「清濁あわせてひととなり」
のんで、のまれて
己の姿にそれを見つけて
消費、消化、
消火できますなら
果実をつくりあげます

私は祟りにシンクロがあります

祟りにシンクロする方は
「不動明王」のほうへむかい
その憤怒のお姿をみならいますと、
憎悪(相手がにくたらしい、
相手が悪いという悪意)が
消化(自分へも注意など)に
かわりやすくなります

呪いにシンクロする方は
私が見ただけですが
「人を愛し護るために呪詛をもつ」大神が
いらっしゃるので
そのご姿勢に学ばれると
憎たらしく、から
慈愛ゆえんの「注意」に
代わるかとおもわれます
2017-09-22 01:48:28
不思議レポート

これまでのあらすじ



何度か書いたけれど
私は天神がなにものでも
私の頭がおかしくて
そこに見えるんだとしても
別に良かった

天神は温かくて
信じられる生命だった

「なんであるか」じゃ
ないんだよ
人間の友達も、仲間も
「なにものであるか」は
関係ないんだよ

……

心の皿が壊れたのは
たんにブラック企業につとめきって
何日も寝てないとか
そんなことで壊れた

体は、やばい。
酷使が、やばい

精神論より
肉体論だよ、とくに
睡眠なくなるとマジでヤバイ

タクシーで朝帰りして
何故か涙が流れて
きちょうな睡眠時間が
泣いて終わり
朝五時にでる、とか

今思うとコワスギ。

ここで重要なことは
「精神論より肉体」です
精神論ヨエー……です

とにかく、休んで
とにかく、たべないと
人間の頭は体にあるから
ものにヒビが割れるごとく
キます。

壊れるなんて
とても単純で
気持ちの問題じゃなくて
ぶったいの、酷使の連続で

ぶったい的に、壊れるのよ……

……

私は、これだけはやめとけといえる、
眠らないことだけは
それだけは、やめたほうがいい!
ぜったい止めたほうがいい

……

その後
いろいろな経緯があって
休養にはいって
天神とのらりくらり
会話したり
天神が教えてくれる
勉強みたいなことをしたりして
ただ、ひたすら
毎日に集中していたら

しばらくしたら

手からなんか出た

ヒーリングエネルギーというらしいが
とにかくなんか出た

なんか出た感が半端なかった

(※肉体酷使のせいではなく
天神のせいらしいです
念のため)

……

何年間かとにかく
自分のコントロールと
確かめを続けて

ネットに復帰して

いろんな情報をしらべて
「ここらへんかな」と
おもわれる情報を
いろいろ、しらべて

最終的に
「全然違うわ」になった

ネットの情報(他の人のこと)と
自分の現実が、違いすぎたため
「人は人、己は己」にもどって
いまは、天神との学びに戻ってる
2017-09-21 05:17:46
不思議レポート

人が喜ぶ贈り物、人が笑顔になる話す



人が喜ぶ贈り物を
えらんでみると
どれだけ他人のことが
わかっていないかが
でてくる

決めつけていることの
多さとか

「喜ばせる」は
むずかしい
「笑顔になる」ものも
「リラックスする」ものも

……

他人の実像が
わかって、
こころのなかに
むすべたとき
ようやく
そばにあるものに
触れて

そこから
虚像の間とは
違うことが
みえて
そこから
ひらけてくるんだと思う
2017-09-20 12:54:11
エネルギーの物語

見えない世界は葡萄のようにわかれている



見えない世界は
思想の世界ではなく
見えないだけの現実です

その世界は
葡萄のように
丸い世界でわかれており

ひとつひとつ
その人のいる世界で
現実が異なります

ですから、
人から与えられた知識を
鵜呑みにすることなく
己の心や身体(スピリット)で
きちんと見て、うけとり、
(現実を自分で)確かめないと

人の(見えない世界の)現実が
そのまま、
己の現実にあてはまるかというと
「そうではない」のです

……

思想、心理、精神と
現実には
隔てりがあり
見える現実は
見える分、分かりやすいと思いますが

そこには互いに
影響がありますが
精神=現実では決してありません

見えない現実は
見えないだけの、現実です
ですから、現実と同じように
精神は影響をもたらしますが
精神=具体にはなりません

……

精神鍛錬を行いますと
わりと、視野がひらけ
対応が富んでくる

精神鍛錬は効果をもたらしますが

そうした鍛錬や効果と、
見えない現実は
全然別物です……

……

精神はスピリットにつながり
また研磨があれば
効果をもたらします
2017-09-19 09:32:47
... Prev[53] Next[55]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 .