Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 作品について 不思議レポート 不思議な夜の話 不思議な光の話 不思議と徒然 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語
Year: 2019 2018 2017 2016
不思議レポート

呪詛と、ひとへ



然念、

意識しないで
概念のない
集中のときに

あらわれるものが
干渉をもちます

……

呪詛というのは
他人のことを悪として
憎んだり、うらんだりする気持ちです

それは誰もが持ちます

力をもつものは
この干渉範囲が広い

「呪えなければ良かった」と
私は呪詛落ちしたひとが
いうのを聞いたことがあります

意識すれば止められる(できる)では
できない
意識していない時
止められなければ
ながれおちる

できるとき
できないひとを
せめられますか
そうしたら、まだ
しているんです

……

他人を、悪としても
いいんですよ
自分が
悪にならなければ

思い込みになく

そんな心情で
そんなことが、できるなら

……

不動明王にならえば楽ですよ、と
いうのは
憤怒も、憎悪も、
怨嗟も、嫌悪も
ときどき、状況によりわきでて
けせるものではなくて
どうにかしていくものだからです

あれはわくものなのです
かたちとして
もっているものではなくて

ひとを責めるきもちがあるなら
わいているのです

……

かたちにより
とどまりやすい、とかは
ありますが

……

呪詛

憤怒から、怨嗟から
憎悪、嫌悪からの
悪意であります

不動明王の憤怒は
憤怒ながら
悪意なく
ひとの心を
削ぎおとすことなく
浄め祓いをおこなわれる

それは
「わたし」を知っていて
「あなた」を知っていて
なくせないことであり
だから、かなしい
あわれさだと、
わかっているからだと
思うのです
2017-09-28 00:25:07
不思議レポート

注意や怒りは大切、悪意とはちがう



見分けがつくようになると

注意をしているのと
怒っているのと

悪意を根にしているのと
敵意を根にしているのと

状況や、ひとの感情を
利用しているのと、が

全然違う様をもつことが
見て取れるように
なってくる

……

怒っているひと
怒ってくれるひとは
痛みをかかえていたりする
そのうえに
怒ることで
かえることもこうむる

注意も、似たようなこと

注意しているひとは
たして、己に注意している

こうしたことを
なせるひとは
貴重なひとだと思う

悪意や、敵意、我欲と
見わけていきたい
2017-09-27 06:04:34
不思議レポート

みわけ、しわけ、くわけ



見分けられるか
これは初歩のようだ
どんな能力か、
どうかんしょうできるか、
よりも
見分けられるか
見抜けるか、のほうが
おもい、あとあとに影響もくる

死にたさが
心の底にあると
「見たくないもの」が
増えてしまうから
見分けられなくなる

いきたいものは
見えない世界を
目を皿のようにして
見抜いて、あゆもうとする

知らないところに、
己ひとり
ほうりだされて
周りを見て、あたりを見て
どうにか生きようとする
とにかく、みわたす
しろう、わかろうとする

……

死にたさは
生きなくてもいい、強みがあって
だから
放り出されているにも
かかわらず
知りたいことがしれれば良くなり
見たいことが見えたら良くなる

……

見分け、は
生に対する心理があらわれる

死にたさがあれば
死滅をもたらす側を
よいもの、よいものとして
すりよっていく
生きるその人や他人を
その日々や、細かい異なりや
ちがい
これは創造性に
つながるのだけれど
その人の
知らないこと
できないこと
これは友達や信頼へと
つながっていくのだけれど
そうしたものに
顔をしかめるもの
快く思わないものを
よいものとしていく

生きたくて
生き抜きたいなら
生きるその人を
よろこぶものに

よろこび、
生命がかがやく

異なることや
ちがい、
他人がいること
違う考えや
感じ方があること
しげき

しらないことがあること
できないことがあること
できる人がいること
知っている人がいること
つきない興味

創造性を
祝福していく

……

見分けられる心地がおちつけば
仕分け、区分けに
たっしていく

善悪、敵意、悪意
善良、聖なる、そういう二面性や
わかりやすさではなくて

なにがどこのもので
なんのために
なにをしているか

そして、その実力

……

区分けがつけられるようになると
ようやく
コミュニケーションが
とれるようになりはじめる

……

みよう、みようとする
しろう、しろうとする
他者や異なしを刺激に
いまだ知らないばかりなこと
知らない自分に
喜びがやどり
創造がたかまっていく

生きたし
2017-09-27 05:07:37
不思議レポート

下しか見たくないから下しか見えない



上には上があるから
かならず
上を見ようとすれば
上が見える

……

人が、できていない、とか
人が、しらない、という
立ち位置が
現しに、頻繁にあらわれているなら
それを、象る心に
「下を見たい」というのがある

みたいから、みえる

できている人、上ばかりを
見たがる人は
逆に「出来ない人」、
下が見えない

……

どちらも存在している

……

欲は
わかりやすいようには
あらわれない
いつもひそんでいて

みたくなければ
みえない



象る心が
かたどり、
それを、現したとき
そこにいる
欲のすがたが
掠めうく
2017-09-27 03:46:58


見分けや区分けがついてない
つかない、なら、
形のない世界に
行為ができるひとではない

形のない世界は
形も概念もないから
見分けがつかない能力というのは
死ぬ気の力、自滅の力
呪詛のほうの力で
そこに祝福はない

たとえば
先に書いた精神性と行為の違いとか
ああしたことも
その世界にかんしょうができるなら
きちんと、見分けられる

それが、そもそも
ないのなら
死への賞賛からくる力なので
ひとを祝福することにも
己を祝福することにも
いたらない

よいものと、わるいもの、という
ふたつではなくて
さまざまを
ひとつひとつ

瓶は瓶、亀は亀
そんなふう

……

形のない世界は
とても危うい世界で
だからこそ
実力しか
ものをいわないし
力がなければ
くわれておわる

ネガティブな話
自力がなくても
いくつかの方向から
つながることはできて

たとえば
死にたいとか
死滅したい、とか
そんなふうでも
つながることもあるし
力をもつこともある

それはしかし呪いにしかならない

……

呪いしかもてないものは
根源に「死にたさ」がある
「死滅」もある

それはネガティブで
おりおりに
悪意にもかわり
ひどく、うろんで
くるしんでいる

……

どちらなのかは
「他人を認められるか」に
見据えられる
2017-09-27 03:42:47
... Prev[52] Next[54]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 .