Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 作品について 不思議レポート 不思議な夜の話 不思議な光の話 不思議と徒然 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語
Year: 2019 2018 2017 2016
不思議レポート

火炎演舞



不動明王さまは
火炎の舞をつかわれる
いつも、思う
神々さま、聖霊さまの憤怒は
しずかだ



苛立ちも、むかつきもなく

ただ、しずかに
悪意を浄めはらわれていく



自我のない怒り、は
これほどに美しいのかと
その姿を見ながら思う



……



祟りは衰退、衰弱をもたらす



それは、できごと、として
現れることより
なにか凛としていて、然としている



気配に、凛としたものや、
真としたものがあったりね



お家がやけに衰退していく、とか
原因不明の病にかかる、とか



神様はわりと「伝える」ことを
のぞまれるから
なんの神様になにをしたから
そうなった、か、が
明るいときもある



……



祟りと、のろいは
まるで異なる



呪いには道理がなく
(呪うもののエゴがのりあげていて)
エゴイスティックで
けものじみた風合い



それがわきたつ根源が
呪うものの「エゴ」からなので
そこが満たされるまで
解決方法が見つからなかったり……
呪ったものすら
コントロールが出来なくなって
ひたすら呪い(仕組み)に
エネルギーが
回転していたり……



(呪いのエネルギー



呪いは、儀式などで
負のエネルギーが
ターゲットにながれこむ
仕組みをつくる、ようなこと、



そこに流れこむエネルギーと
組まれた仕組みで回転する
(骨組みをつくるのが儀式)



呪い、であれば
エゴを根源にしているため
呪ったもののエゴがなくならないと
仕組みに
そのエゴ・エネルギーがながれこんで
回転しつづける



呪者の意識がやめる気になっても
一度、呪の仕組みをつくり
エネルギーを通すと、えんえん、
エゴがわくたびに
根から栄養がくるように
回転し、活性化する……)



たいていは、呪うものを
どうにかするしかなくなる



(人を呪わば、というけれど
呪いというものは
人のもつエゴのエネルギーを
栄養にするものなので
一度「組む」と、
「それ(呪い)」が主体になるほど
そちらにエネルギーがとられていって
やがて、呪われたものより
ひどい有様になるらしい)



……



祟りは根をたどると道理があり
祟られる側がなにがしかを
「してしまっている」ことが多く
ゆえに、解決方法があったりする
2017-12-10 09:09:11
不思議レポート

知恵と全身



たまに、
祟り神さんがおとずれる



かれら、癒やすには
正しさよりも、優しさよりも
遊びのがよいらしい



人も、たくさん傷ついて
うらみつらんで
元気もでないなかに
おちいれば
正しさや、へんな優しさより
気晴らしのがありがたかったり
たすかったりするものねぇ……



笛を吹いたり、絵を描いたり
他愛もない
他愛もないから
楽になるのかもしれない



……



たのしみ、よろこびを
もたらす方は
神々様もよろこばれる



ひととのかかわりで
まわりのひとが
たのしんだり
喜んだりしたり



そのひとがいると
まわりが笑顔になるような
そうした方には



聖霊神々さまも
よく周りをまもって
うれしまれている



……



笑み、とか
喜び、とか
難しいものだなぁと
思う



それが生れるのって
クリエイティブだなぁ、と
思う



正しさや、
流れ作業には
うまれにくい



知識をこねくりまわすことと
知恵をつかおうとすることは
まるで、なんだか
ちがうもので



知恵とか、思いやりとかって
たぶん
実現しようとする、に
ちかくて



言葉とか、意見とか
では、なくて



現実に動くことを含め
全身をつかうことなんだろうと
思う
2017-12-10 05:10:59
不思議レポート

煽り耐性みたいなもの、と、日常を大切にすること



結局、それらは
憎悪をたぎらせたり
不信におとしめようとしたり
仲違いをねらったり



さまざまなことで
煽ってくる



いつもなんか
そうしたことを見ていると
煽り耐性って大事だなぁと思う



(不動の心……って
いうんだろうな)



(そうとらえると
不動明王さまは
やはり人を助ける力が深い)



(如来様、神々さまは
願いをかなえてくれる、というより
こころがまえや、自分の整えや
道のりを、与えてくれるほうが
多いなぁ、と思う)



……



「怒る」ことは
悪いことではないけれど



怒るなら、のまれずに
現実を確認したり
きちんと、自分で確かめたりしないと
ものを「頭で見ている」ときや
あてられて、感情的になるときは
どうも、良くない気がする



……



なんだって、もしかしたら
頭は、冷やして
心は熱く、な、感じが良いのかもしれない



冷静に、現実をみたり、
確かめたりしながら
情熱をもってことにあたるような



頭で、見ないで
身体ぜんぶで動くこと…… 



……



天界からおりるものは
知識ではなくて
知恵にちかい



わりと平凡で
むかしから、
良く言われているようなことが
多いなぁと思う



……



神様の多くは、
悪魔に嫌悪感と怒りをもっている



そのうえで
己の日々を、大切に歩まれていて
己のめのまえを大切にされていて
己に、与えられた仕事に
丁寧につくされている
2017-12-10 02:41:11
エネルギーの物語

転生された神々、如来様はいま



ラグナロクのため
この地に、転生された
神々、如来様がたは、たいていは
宗教から身を遠くして
「日常」をこよなく大切におくられているらしい



悪魔駆逐するには
「日々を大切に過ごす」が
もっとも、つよいからねぇ
2017-12-10 02:22:01
不思議レポート

毎日、日差しは美しい



忘れたくないなぁ……


……



イエスさまも
釈迦さまも
(私のいる次元では)
転生されている



それはラグナロクだから



神様は、ふつうなら転生されない
波動が高ければ肉体は持てない、
これも、概念にすぎなくて
現実を、みてとれば



神様や如来さまは
わりと転生されていたりする



「波動をなかにおとしこむ」とか
肉体に利便をきかす、ぐらい
かれらにはたやすい



神様だしね……



釈迦とイエスさまが
転生されているのは珍しいらしい
さすが、最終天界魔界戦争だなぁ、と思う



……



「日常を大切にしなさい」
「日々かかわる
友や家族を大切にしなさい」



これが、重要なこと



「ひとに説教しなさい、
ひとに、つたえなさい、
ひとを、導きなさい」



これが、わりと、トラップなこと……



……



今日も今日とて……



「神様が弱い」とか
「まもっていない」とか
いうわけじゃなくて



ラグナロクは
「悪魔」も「天界」も
必死ってだけ……
2017-12-10 02:10:08
... Prev[42] Next[44]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 .