Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 作品について 不思議レポート 不思議な夜の話 不思議な光の話 不思議と徒然 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語
Year: 2019 2018 2017 2016
不思議レポート

イエスさんと、堕天使



なんだか



堕天使と悪魔は
まるで異なるもので
堕天使の長をしている方は
イエスさんのお兄さんだという



双子なんだと……



教えてもらったら



顔がほんとうにそっくりで
雰囲気もにているので
あーこりゃ、
(みえないことを
視覚で把握したりするタイプは)
へたすりゃ、イエスさんだと
思い込んじまうかもねぇ、と
おもった



波動も、一方重くて
一方やたら軽いけれど
波みたいなものが
似ているしねぇ……
(双子なんだねぇ)



名前はルシエルというが
いまはルシファーというんだとか



なんか、それで、
ここさいきん、
いろいろあって
ルシファーさん
大喧嘩していたお父さん(主神)と
仲直りしていた……



ラグナロク中、
ルシファーが、
悪魔側と天界側
どちらにつくかで
様子がかわるから
仲直りしてよかった、とか
イエスさん、言っていた



(てか、聖お兄さんに
でてくるルシファーみたいに
気さくで、イエスさんとも
仲良いよねぇ……)
2017-12-11 02:16:00
不思議レポート

悪魔に訴えられたイエスさん



随分前なのだけど
イエスさんが
悪魔にうったえられ
裁判にかりだされていて
天界の神々と、悪魔とで
もめに、もめこんでいた



(悪魔界、いわば、魔界には
魔界のルールがあって
そのルールをやぶったとかなんだとかで)



悪魔は、イエスさんが
悪魔の支配域? 領域を侵害して、
自分の教えをひろめてる、と
訴えていた



でもイエスさんは
そんなことしていなくて
たんにふつーに過ごしていたら
天の領域をこえて
教えが広まってしまったとか



なんか、もう
想像をこえているなぁ、と思う



(イエスさんが
悪魔に訴えられる、とか
おいおい、カリスマすごいなぁ!とか)



と、思ったら
その出来事が
ふつうに文献になっていて



さいきん、その文献を読んで
びっくりした



(天界のできごとは、
時間と、関係ないらしい……
なにかあると、時代ではなくて
わかる人に、わかるんだとか)



……



裁判は、最終的に
教えが魔界にまで広まったのは
イエスさんの意図によるものではなくて
無為のカリスマによるものだということで
イエスさんが勝利していた




……



天界が正しいか、魔界が正しいか



その様子は
裁判というふうにしか
とれなかったので
そう書いたけれど



天界、魔界
「どちらが正しいか」という
問題ではなくて
「なにをしてはいけないか」を
明瞭にするための
流れだったらしい



おもしろいのは
裁判官がいらして
それが、天のものでも
魔のものでもなく
「正誤を区別する存在」としか言いようがなく



その「正誤を区別する」方は
だから、善にも、悪にもいなくて
ただ、ものごとの「正しいか、あやまちか」を
無心に判断していた
2017-12-11 01:16:00
不思議レポート

神の怒りにシンクロする



神の怒りにシンクロ
神のよろこびにシンクロ



神の怒りにシンクロすると、
悪魔や悪いことに
軽蔑にちかい嫌悪感、
怒りをおぼえるため
そういうふうになっているものを見ると
静かな憤怒をおこす



ヒステリックではないし
感情でもない



圧倒されるような、そんな怒りだ



……



ギラギラしていて、派手で、
自分が凄いように見せようとしたり
アピールがはげしいのは
偽物の可能性がたかい



ほんもの、は、たいてい静かで
品がある
エゴがなく、おしつけがない、が



圧倒される






芸術にしたしみをおぼえ
芸術とたのしみ
画展や音楽などに足をよくはこぶと
真贋力みたいなものがついてくる



見えないものも
芸術ににているところがあるので



そうしたものと
したしんで



ほんもの、にせもの
また、ほんものだけどつたないもの
みじゅくなもの、
嘘偽りないし
成熟しているけれど力ないもの、など



よく感じ、よく親しんでいくと



見えないものの真贋を
受け取れるようになってくる



……



見えない界隈にいるのは
偽物とほんものの
真っ二つでは、なくて



幼いもの、未熟、成熟
力ないもの、力強すぎるもの
自己評価と実力がずれているもの



さまざまにいる



おなじエネルギーで
つくられたものでも
ときによりかわり
使う人によりかわったりもする



芸術に似ていると思う



……



ひとつだけいえるのは



にせもの、というのは
字のごとく、偽るもので



「そう、言われたがる」し
「そう、見られたがる」し
「そういう姿にとられたがる」



「(そうしたものだと)
他人の目に見られたがる」
「他人の口から話されたがる」
欲があぶくのように湧いている



しかし
これまたややこしいことに
にせものイコール悪魔とは限らない
2017-12-11 00:09:00
不思議な夜の話

冬虫夏草のような、寄生型生命体



悪魔は、発見次第天界に通報しないとならないんだけど



(見えない界隈で
見えないことをいいことに
殺戮や搾取をおこなう
いわば、凶悪犯罪者だから)



悪魔でなくても
変なことになっている
たぶん、共生型??とでもいうか
そんな生命体もあって



私は、闇でも堕天でも
悪神でも悪霊でも
そうした宇宙人方々でもなくて



ただ、ひたすら
悪魔にたいし
とある処置をしているんだけど
(これで、祟り神とも関連がある)



宇宙人のかたは
ほんとうに、人間とちがって
ほんとうに、いろんなことになっているので
初見では戸惑う……



この間出会った共生型のかたは

あたまにでっかいキノコみたいのがはえてて
それがその人に
みょーーん
みょーーんって
司令をしていて



でも、キノコもそのひとも
悪意も敵意もなく……



(悪魔は
エネルギー体自体が、
敵意悪意そのものなので
そうした方々とは
態度からちがう)



ただ、頭にはやされているかたは
はえているキノコをハイヤーセルフと
いわれるので



ちがうよ、キノコだよ!?ってなったんだけど



その方もキノコも
その共生型が、
とても自然で幸せで
人が手を出しちゃいけない感じになってた



見えない界隈は
許可制で、相手の許しがなければ
何も手を出してはいけないところがあって



それは、そういうふうに
人間の常識では、把握できないこと
不幸にみえるけれど
その人にとっては幸福なことだとか
カルマの清算だとか
必要があってそうなっている、とか
あるいは、逆もあり
もろもろあるから……



きのことったら、逆に
とても不幸になってしまう
共生型のかたは
少し話して納得されて
去られていった



あ、ちなみに
許可制とはいっても
犯罪者(悪魔)はべつで
「逮捕は許しを得てから」は
ないです
2017-12-10 11:20:38
不思議な夜の話

侵略型の宇宙人、天のながれにのって帰っていった



侵略型の宇宙人は
ほんとうに侵略型で
悪魔とタッグを組んでいる



(もしかしたら
悪魔とリンクしている方のように
宇宙人だけど、
見えない存在である悪魔と、
リンクしていて
依存関係になっていて
悪いエネルギーをながす
パイプとかになっているのかな)



侵略はわりと
概念や知識を「ながしこむ」形が多い



なんで知識ぐらいで、となるが
「初見、親しみやすく軽め」で
近づいてきたらディープに洗脳……みたいなね
雀取りの罠みたいな……



……



このあいだ、
宇宙船みたいなものが
空を飛んでいった



発見した科学者さんたちは
「初の太陽系外からの隕石」とか
騒いでいたみたい



そしたら
侵略型の宇宙人が
(なぜか)たいはん
エネルギー体だけを
その宇宙船にのせていっていた



そんで、数時間後に
とんでいってた



もしかしたら
違う次元にいくものだったのか?



……



その様子、
見ていてハラハラしてしまった



どうもその宇宙船ぽいものに
乗るチケットは
かなり高額だった様子で



全財産はたいても、買った、とか
話しているのも居て
この宇宙船は、もう二度とこない
地球からでられる
ラストチャンスだとか
そんな話をしていて



なのに、侵略型の宇宙人のなかには
搭乗チケット買ったぽいのに
「その日それが来ていること」を
忘れてんのがいるのよ……



ラストチャンスなんでしょ!?



大枚叩いて買ったんでしょうか?!



今のがしたら地球においてけぼりで
二度とでられないんでしょう!?!



って









私は、空を見ていて
その宇宙船みたいなのがあったので
「帰還??か
違う次元にいくためのもの??」と
思って見ていたんだけど



忘れてるやつらは
完璧に忘れていたみたいで
気づきもしない



案の定、乗り忘れてて
乗り遅れてて



まだ地球に残ってん……



他人事ながら、
微妙なきもちになったわ
2017-12-10 09:41:49
... Prev[41] Next[43]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 .