Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 作品について 不思議レポート 不思議な夜の話 不思議な光の話 不思議と徒然 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語
Year: 2019 2018 2017 2016
不思議レポート

神様は笑う&悪神に騙される悪人



カーリーさんの頭が
どう見ても
サザエさんのように
みえたので

(そしてシヴァ神との
いさかいが
夫婦喧嘩にみえたので)

私は、たまに
内心で小話を考えてしまうのだけれど

サザエさん「マスオ
あんたぁ、なんだこの
せびろの口紅はー」

マスオ「ち、ちがうんだ
サザエー」

サザエさん「マスオ
こールゥァァ
マスオォオォオー(追いかけるサザエさん)」

マスオ「ウアアー
カーリーのようだぁー
インドの荒ぶる神
カーリーのようだぁー(逃げるマスオ)」

だの想像していたら

カーリーさまが、爆笑されていた

……

☆一旦戻して、その後、また

昨日、釈迦天(如来から
天までおりられた釈迦)が
ご自分のご眷属を
いったんご自分のもとに戻されていた

(遠くまで広がっているので
天までおりてから、
声を広げられていた)

釈迦の眷族は
神々もいらっしゃるが
いわば邪神、悪神もいて

かれらは釈迦という
尊師からはなれると
なんか、こう
尊敬する上司がいなくなった
荒ぶる職場みたいな

ことになる

……

☆カーリーさんの罠

カーリーさまもそのおひとりで

カーリーさまは
悪人が嫌いなので(嫌いすぎるので)
トラップばっかりはられていた

それは己の眷族(まもの)をもたらし
異能を与えたようなことをして
それらが異能具現したがるたびに
それらのエナジーを代償に吸い上げ
弱らせてくー!みたいな

悪魔と似てる!気がするけれど
じつは実態がことなり
悪神の場合、異能を
「ひとのためにつかわせる」
またそいつの暴力欲や悪心を叩きのめして
無力化する

カーリーさまが捕まえるものは
かなり悪心をもつものばかりらしく
(そいつの人格が悪すぎて)
「はたからは嫌われるけれど
力をつかうことは求められる」ようになる

悪神や邪神は
こんなことばかりしてた(らしい)

悪魔は世の中に害をながすが
悪神邪神は、悪人をトラップして
世の中に
むりやり役に立たせて
エナジーをすいとる、感じなことをしている

……

☆天につながる方のところにくるもの

たまに天につながる方のところに
悪いものだとかが
くる、とか、きた、と、いわれると

たぶん、次元というものが関わるので
こうした悪神、邪神なのではないかなぁ、と
私は思う

(おちた天部系なら、天につながる方と
同次元か、アクセスできる次元にいる
2017-12-19 21:15:14
不思議な夜の話

夜と闇とそれらの話…それらの魔力とは&過去にむかう生命体の話



こんばんわ、怖い話、
空恐ろしいはなし
信じがたい奇妙な話

夜にまぎれて、流し去りたいお話の
お時間です……



☆それらのはなし

それがこの世に配置されたのは
私が見た範囲では
「この世のバグ」としか
いいようがない

バグやエラー=それらの魔力で

ゲームやプログラミングに
詳しい人ならわかるだろうが

それらの魔力は
この世界のシステム上のものではなくて
そこにあったバグから
発生しているエラーを利用している

それらの傀儡になるひとは
もともと、それらから
産まれたものたちで
だから、愛や真心
エネルギーへの体感も
人間やほかの生命体とは
まったく違うものになっている


☆過去へ巻き戻っていく生命体

さきほど、その生命体は
また、過去にさかのぼっていった

かれらは時間軸が人間とことなる

……

人間の時間は
つねに、前へ、前へと進む

未来からながれてきて
今を通り
過去にながれ消えさる

(つまり時間を川とすると
その水源は
未来にある)

(また、わたしたちは
川をのぼる魚のごとく
未来(愛)へかえっていっている、とも
いえる)

……

かれらは
人間の時間流とは
真逆とまでは
いかないのだけれど
そうとうおかしな時間流を
いききしている

はじまりがどこだったかは知らない

過去へさかのぼりつづけている

奇妙なはなしだが

かれらは、人間界で
ブログをつけていたりするので
そうしたものを読むと
わかるかもしれない

いまから、あしたへ、
かれらは進んでいる

……

人間は
時間流が未来へ進む限り
この奇天烈な
今から明日へ進んでいる生命体と
すれちがっても
違和感もなく、気がつくこともない……

(現実ではそうとう
違和感があるかもしれない)

かれらの記録は
人間のとは逆に読む

(たとえば、今日のものでいい
昨日の出来事が
かれらにとっては
明日の出来事……)

今日から昨日
昨日から……過去へ過去へ

たどったときに
たとえば「明日の約束」
「明日の予定」が
なんども「昨日おきていた」り
「この間のこと」が
なんども「前の日付」に起きていたなら

時間軸が異なる可能性がたかい




浄財浄罪、

魔は打ち砕かれ、浄められ

ながれさる

夢も現も護られて

幸いあれ

良き事がありますように

おやすみなさい
2017-12-19 10:33:04
作品について

四コマ漫画「ノリ。」高次の存在が間違えるとき





どうも頭の中の
私のイメージ(ノリのかたち)を見て
「これだ!」と思ったらしい……

私がかたまりながら
「これで書類のこりも
ほどよく
ほぐれることでしょう……」とか
思っていたら
「紙も筋肉痛になるの?」とか聞いてきた
2017-12-19 04:33:22
ヒーリングと徒然

無料ヒーリング☆「水晶の星」



霊性・神聖を守護と浄化するヒーリングです
絵画を見ながら「受け取る」でうけとれます



ヒーリングの時は
だらだら雑文だとかで

綾波レイについてまた書いていきたいと思います
ちなみにアニメ見てません(うわさで聞いています)
綾波レイの容姿は大好きです



☆綾波レイと波平の関係

守護方がね
綾波レイとはなんじゃ、というからね
まちがって「綾波ヘイ」ってね
話し出したら
なんか「波平」の話になっていってしまいました

あや、波平ですね
2017-12-19 01:29:44
不思議レポート

忠告は今後おとずれなくなる



今日の題目

☆忠告は今後おとずれなくなるの話
☆優しい世界のシステム
☆茶柱の話




☆忠告は今後おとずれなくなるの話

「自分で気が付かなければならないこと」は
たくさんあって
見えないことをされているなら
普通の界隈より
それは、見られます

……

私は、私が大切に思う方々にのみ
向き合えば良いといわれます

……

神々が
それらとシンクロしながら
見えないことをされるかたを
みすてられる(きりすてられる)ことに
今朝方、決められたので

私も従い、
この記事以降、
そうした方に対するものは
書くことはなくなります

(普通の界隈の方々は
気にされないでください
ラグナロクや見えないことは
普通の界隈でしたら
なにひとつ、関係ありません……)

……

悪魔は、発見次第
デストロイされます……

でも、それらと
シンクロしながら
ものをされるかたのこと

いままでは、神々は
忠告を流す形をとるだけで
あとはその方々にまかせ
行く末を
見守られていました

そろそろ、
ラグナロクは深度をますようです

……

夜の間、神々は
魔をめっさつされ
朝方、何かを決められる

……



☆優しい世界のシステム

おおいなるものが
つくられた世界は
とてもやさしいもので

たとえば、
自分の口からは
己への警告があらわれやすい

これも、とても大したことで

ただ少しなぞるように書くだけで
そのことば、が
注意や警告になるようなら

それは、そのまま
己への、
注意や警告となっていることが
ままある

注意や、警告のありがたさを
知っている者であるなら
この機能は
ほんとうに重要で
大切なものになるだろうと
私は思う

(※人間の、隠された機能
能力ではなくて
こういうふうに出来ているというような
反応にあらわれたり
言動にあらわれたりする機能は
これだけではなく、無数にある
どれも、有り難いものだ)

……



☆茶柱の話

朝の空気が好きで
窓を開けて
朝日をあびながら
二度寝するのが好きです……

茶柱がたつと
縁起が良いと
昔は言いました……

気が清まって
スッととおった日

水はあたりの気をすうから
もしかしたら
そんな日は、よく
茶柱が
立っていたのかもしれません

朝方、お水をいただくと
なんとなく、今日の気が、わかります
2017-12-18 22:01:23
... Prev[33] Next[35]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 .