Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 作品について 不思議レポート 不思議な夜の話 不思議な光の話 不思議と徒然 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語
Year: 2019 2018 2017 2016
豆知識&やり方

簡易、祓い浄め&さにわのやり方



さにわ

やり方再記します

「主神の名のもとに
誓いとともに
名をなのられよ」と
三回尋ねてみてください

三回目でわりと本性があらわれます

三回、主神のもとに名を明かすこと
名乗れなければ立ち去るという
奇妙なルールもあるので
立ち去られたりするかもしれません

……★*・……

もののけは
同じ言葉を繰り返せません
電話をかけた、うけたさいの
「もしもし」は
電話口のあいてが
もののけでないことを
確認するために使われた繰り返し語句でした
申し申しが略された言葉です

なぜなんでしょうね

怪しいときは、申し申し、
二度語句なんか、使えるかもしれませんね

……★*・……

煙草や線香、煙あげるものは
軽めの良い祓い
または、己戻しになりました

いまは、煙で逆に
体がしんどくなりそうな気配なので
かえられるなら
切り替えたほうが良いかもしれません

……★*・……

ほがらかなわらい、
おなかをかかえる爆笑は
良くないものが
最も嫌うものです

あるいは
感涙、感謝の涙
これもそうです

笑える映画でも見ると
とてもスッキリしたりね

……★*・……

拍手、柏手は
その場をひとそろい清められます
四股をふむのもかなりgood
気合入れて行うとより良いですね

……★*・……

基本のお塩
海はありがたいものですね
砂糖も大切なものです
日本酒の清酒はやはり格別ですね……

……★*・……

趣味をもたれると世界が変わります
様々な意味で、です

俳句も、詩も、うたも、舞も、絵画も、手芸も
意外なところで
ゲームも漫画もアニメもテレビも
ほかもろもろ
この世の文化は
やがて、己を助ける力に変わります

楽しみごと、おおいと
とても良いですね
2018-02-19 14:14:00
不思議レポート

禍福はあざなえる縄のごとし



禍福侮り難し

川にながされた
禍におうた、禍だ、と
なげいて溺れた
川からどうにかあがったとき
桃が懐にはいっていた
桃を食べたら千里眼がついた
福だ福だと喜んでいたら
たくさんの人がむらがって
メチャめちゃになった
禍だった、これは禍だったと
嘆いていたら
風が吹いて木々が倒れてきた
しかし人たちは
私の周りにみんないたので
木々に痛めつけられはしなかった
しかし今度は木々を倒したのは
桃の怒りだといわれ、おわれはじめた
まこと禍福は侮り難し

まこと禍福は侮り難し

……

厄災の
厄は、恵み
災は、幸運の
反転した姿と
書き記したことがあります

禍福の、その本質、その姿は
昔々から、とうとうと
言われてきたようです

たぶん、禍福は
渦、水のようなものなのでしょう

それよりも、この世は縁が芯ですから

どのようなものに
愛されるか
そうして、貴方が、
どのようなものを
愛するか、に
すぎません

意識、消え失せ
言葉ではたどりつけない
むな底の、芯の……愛により
現れるものがあり
それが、現実に具現されるのです

(すべてを愛することは
まず出来ないのだから
覚えておいてください)

……

あなた、という、いのちの真価は
あなたが愛する、に
やどり灯ります

禍福は、あなたの真価ではありません

あなたが愛したとき
あなたの真価、真力がはじまります

……

わたしは、このことわざが
もっとも好きなことわざかもしれません
禍福の、そのどちらもが
かわりゆくこと

「人間万事塞翁が馬」
「禍福はあざなえる縄のごとし」


外部リンク
★*…人間万事塞翁が馬
★*…禍福は糾える縄の如し
2018-02-18 23:29:40
神さまのことば

大聖天さまより



たくさんの不遇により
ながれ打ち上げる
さまざまな物もの

そのうちで
あなたに大切なものは
いくつもない

嵐の中 風吹き荒れる 舟は乱れ
目に映る 荒れた空 金色のいかづち
恐ろしさに身が震えるだろう

たたかうものの 翼の音 剣の煌めき
わずかにふれて
怒り 悲しみ 波立つだろう

たくさんの物ものが流れ過ぎ去り
あとには光の砂浜が広がる

あなたの舟が落ちることはけっしてない

流れ落とす無為と化すもの
拾い上げる新しい貝殻
なにも 心配いらない
2018-02-18 13:55:51
不思議レポート

これから先の話(神様が濃くなる世界と、薄まり消えゆく世界)



……★*・……

もともと、みえるひと
この界隈にいる方々は
見えない世界の様子の
伝達者である側面が
強くあるのですが

(メッセージを受け取る、とかではなく
世界をどう受け取っているか
かんじているか、に
あらわれます)

みていると、昨今は
やはり。ああ、真っ二つだなぁと
感じます

(感じ取られている
世界の様が
2つに分かれてるんですよ……)

……★*・……

神様が
集合意識のあらわれ
(「なになに意識」が神の正体)

または、実存しない
(神社にも神様はいない)
内心のあらわれ

外側の現象は
自分の内側からのあらわれ

意志や受け取りかたで
あらわれるエネルギーも
うけとるエネルギーもかわる

波動(心の有様、魂の質)が
ものを引き寄せる

つまり、すべて
己のあらわれ、
本性次第

実はこれらは闇の世界のための法則です……

(ちがう世界の方々は
もともと、上のような話には
違和感があったかもしれませんね
世界がことなれば
ながれる法則自体がことなるので……)

今後、あちらの世界にしかれるのは
完全な「己の姿」であり
すべて、すべてが
己からつくられた業と化していきます

つまり、どうあがいても
にげようのない
強制的な「自業」がしかれていきます

さいごには「他者」が不在になります
今も少しそのようですが……

名付けるなら
自業の世界ですね

自業の世界からは
他人も
神さまも
薄まり、消えていきます、
ですから
そこにいる方々は
神さまの不在感がつよまり
また、しだいに
「他人」のことも、
不在感(そこにいない感じ)が
濃くなっていくようです

……★*・……

この界隈にいらっしゃる方々でも
うけとれない、信じがたい話だと思いますが

皆々様、こんな話で
やることなすこと思うこと
変わることもないでしょうし

どう受け取られても
構わないかと思います

(大体、もう
区分けは終わっています)

今後、この様、この現実は
さらに色濃くなっていきます

……★*・……

もうひとつの

神様が実存する世界で
神様が具現化していくのは
もうすぐ、と
伝えられています

(だんだん、
濃くなっていらっしゃいます
香りがね、神社とか
前と違いますね……)

他者がいるように
神様(という、人智を超えたもの)が
いらっしゃる世界では

如何様に、他人をみとめ
差異を前に
学んでいくか、が
課題になるのかもしれません……

神様という
人智が把握できないものが
とうとつに、みえたり
ふれたり
あらわれたりしても

普通の顔して
普通に生きられ
いつもとかわらず
過ごされることを
私は、おすすめしたいです

(たぶん、すぐに
そうしたことは
日常化するので)

……★*・……

神羅とともにある天部が
めちゃくちゃ激怒していたので

(昨今は天部も真っ二つです)

これから、2つの世界は
情報伝達さえ
されなくなっていくでしょう

情報に差異があらわれます

(見えない界隈は)荒れに荒れていますが
どうぞ、皆々様お元気で
ひょうひょうと、
健やかにやっていきましょう
2018-02-17 11:23:49
神さまのことば

イエス・キリストさまより、神ごと、霊ごとについて



イエス・キリストさまからです

……★*・……

いと金色の深き話になります

無償奉仕にしか
私達はおりられない、というのは
たしかにあることです

私達の名を騙り、つかうことにより
金銭を搾取する方は
地獄よりも深い谷底におちます

私達はみな、神の子であるひとたち
ひとりひとりが
心身ともに助かることを祈り続けています

仕事、と、無償奉仕は
おなじものです
仕事として行う方々には
たしかに、私達がいるときもあります

しかしそれはすべて
私達をもとに金銭を搾取するものではなくて
ひとたちに慈悲慈愛のつかえごとを
行う者たちです

これは
無償奉仕であってもおなじことです

私達の名をもとに
己をよく見せたり、有名になろうとしたり
そうしたことを、
己の善性や優しみに思い込むものには
私達はおりられません

私達は
利己我欲には
触れられないのです

神の御前に
神の名に誓い
神のもとに、イエス・キリストが
申し伝えます

……★*・……
2018-02-17 09:50:24
... Prev[23] Next[25]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 .