Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 作品について 不思議レポート 不思議な夜の話 不思議な光の話 不思議と徒然 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語
Year: 2019 2018 2017 2016
未設定

人間であったこと……



いまでこそ
イエス様も
釈迦様も
神様仏様として
たたえられて
祈られているけれど
当時は人間であって

それで、やっぱり
「ひとらしい」すがたというのは持たれていて
「かれら」が「そのひとである」というのは
なんのかわりもないんだなぁ、と
なんとなく思う

崇められるとか
祈られるとか
神であるとか

そうしたことは
かれらにとっては「外からくるもの」であって
たぶん、彼らの「そのひとであること」は
なんの揺らぎもなく
そこに灯として
久遠に輝いているんだろう

……

私は「神である」「ヒトである」とか
なにものであるとか……
そうしたことではなくて
「そのひとである」というのが
大事だと思う

以前書いた「世界は尊厳を大切にしている」と
同じことなんだけど

「価値」ではなくて

「そのひとである」の
「そのひとの尊厳」というところ……

……

ひとりひとり尊厳をおもわれている
それは見えないものにも。

大いなるものに隔てりはない

かれは「価値」をはかるのではなくて
そのひとと
「いのちの尊厳」を見つめられている
2018-05-28 09:52:34
未設定

不動明王の怒り



不動明王の怒りはいつも
「悪を怒りて、人を怒らず」で
なんだっけ
大可越前さんだかが
そう裁いたんだっけ
なんか神様の怒りってそんな感じ

それで
「人を怒りて、悪を怒らない」のは
まゆつばかなぁ、と
私は思っている



穢れがやっぱり
どんどん濃くなっている
そうしたことは
「よきことの前触れ」でもあって
あるいは「しるし」……
つまり「どんどん、時代が進んでいる」

穢れ=悪が消えていってる、時に
たちのぼるようなもの

まぁとらわれなければ
わりと良いんだよ、わりと



しかし、知らなかったけれど
たとえ憑依にあったとしても
たとえ、穢れのまれにあったとしても
「思いやり」「親愛」「真心」にあるなら
それらは次第にはがれていくとか

(そうした利他愛は
いついかなるときにも
負の影響を
受けないんだそうだ)

(まぁ、愛だけは呪えない(呪を受けない)、というのは
みえないところの、現実だ……
つまり、そういうことなんだろう……)

みずからの心というのは
みずからが思うよりも、案外強くて
煩わされるよりも
視野を変えるとか
そんなもんが、善いらしい



「他人が、ヒトが」は危ういので
できるかぎり「自らの整え」の方に
気持ちをもっていきたい

「ヒトが」目につくことが
多いとか……あるかもしれない

穢れが多い時は
そんなもんだ……
2018-05-27 11:38:48
未設定

不動明王のキャラクターアプリをつくったよ



一応ひみつだけど「・・・!」で治癒、
「・・・?」でお祓いがうけられるよ
2018-05-27 09:41:54
不思議と徒然

やっぱりわけるよ



なんかもうあれだから
やっぱり、不思議系と
BoysLoveとか
わけることにした……

不思議系はサイト自体わけようと思う
んー……その方がいいのかどうか
実験してみて
やっぱもどすーってなっても
気にしないでね
2018-05-16 21:57:36
不思議と徒然

穢れと本心



穢れのなにがやっかいかって
本心を見失わせる
また穢れを本心と誤認させてくる

倒錯効果のある
煙幕みたいな
そんなところで

嫌気やうらみ、憎悪、嫉妬
他人が悪いみたいな気持ち
被害者意識は
だいたい穢れ……

穢れをみわけて
祓っていくと
本心全然ちがうからなぁ
2018-05-16 15:36:45
... Prev[10] Next[12]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 .