Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 挨拶 作品について 不思議レポート 不思議な光の話 不思議と徒然 ラグナロクの話 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語 これからのこと
Year: 2020 2019 2018 2017 2016
安倍晴明は
神様に好かれていました

その技と才能を惜しまれた神様が
5つに子孫をわけてなし
血縁をながし
ひとつのながれに、
五行のひとつをになわせ
生き抜くように、と
命ぜられておりました

それで、いまも
その多岐にわたり
流れいきてきた血縁の子で
善なる子は、神縁がふかく
ちからもセンスもあり
よく神様に護られています

神様と安倍晴明のような
霊ごと、神ごとの縁やちからは
現実の系譜や
現実の子々孫々が、ではなく
むしろ母方の血に
色濃く出ることが多く

それで、
神様は、それを
『表の系譜』
(父方の『名字』の系譜
書物にのこりやすい)
『裏の系譜』
(魂の濃さ、ちから、血の系譜
色濃くつがれていく
神様しかたどれない系譜
みえないところの
霊ごと、神ごとの
技をつがせていたりする)
そう、呼ばれています

安倍晴明は
表の系譜ではなく
裏の系譜……
魂の系譜の
子々孫々に
技を継がせていて

五行のひとつひとつを
五行の血のながれに
になわせている

継いだ子には
その子にも、ひとにも
見えない所に
安倍晴明がもっていた
特徴的な印を
もたされています



たいていのひとは
霊能力も神とのことも
無意識ですし

かれらには
安倍晴明の血のながれにあるだのの
書もつもありませんから

たいていは
わけのわからないうちに
妙なことになっていくようです

技を継がせている
つまり、継いできた、
というのを
いまだ、あかされておらず
知らない方もいらっしゃるようです



かれらは、
五行のうちの
ひとつの行に特化した
力をつけられている

(表層意識には
ないかもしれませんが)

それで
カクリヨで
たびたび、多くのことを
成し遂げられています



表の『名字』の系譜と
裏の『魂の濃さ』の系譜は
どのようなものにもあてはまります

子々孫々であるのに
ピンとこなかったり

子々孫々でないのに
やたらに縁が現実である、
なんて場合は
そんなことも、
関係しているのかもしれません
2020-02-26 17:40:27