Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 挨拶 作品について 不思議レポート 不思議な光の話 不思議と徒然 ラグナロクの話 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語 これからのこと
Year: 2020 2019 2018 2017 2016
エネルギー、
底なしの沼にはまりおちていくものと
清流にのぼっていくものと
二極化していく中で

インターネットだけは
どちらの流れも
あらわれる、と
いわれます

それは
エネルギーに
抗体をつくることを
うながされているからです

見えないところの
よくないものは
エネルギーの『病み』であり
悪だとか、なんだとか
そういうまえに
腐り病んでいるのです

避けつづけることも
できますが

ひとたちに願われているのは
タフになること
乗り越えることです

ウィルスに抵抗できるように
身体に抗体をつくるが如く
闇のエネルギーに
あがらうちから(たましい)を
つくるために

わずかでよいから
その暗がりに
ふれることを
おかれているのです



泥沼にのまれていくひとたちは
どうしても
だれが、何を伝えても
結局
その人自身で
沼にはまることを
選んでいってしまう

スピリチュアル(魂ごと)や
かみさま、聖霊
神社や聖域をつかったり
名を騙ったりして
身の欲を満たそうとすることの
どれほどの、みにくさ
みえない病み(闇)の深みに
はまっていくことか



おちていくものと
のぼるものの
顕われは

まず、まっさきに
スピリチュアルや
霊能ごと、宗教ごと
神ごとをしてきたものたちに
あらわれてきます

スピリチュアルリーダーと
いわれるとおり
彼らは、先陣をきることにより
人に、その様をみせ
学ばせる役割があるからです

そこで、動いていたひとたちは
暗がりにおちるのも
光にのぼるのも
とても、極端です



まともに
神様とむきあい
まともに
神様のことをうけとり
ただ仕え、つとめてきた人達は
わずかですが
いらっしゃる

己にこそ
かせられた厳しさがあり
そこで生きてきた人たちです

やがてそれは
はっきりと
だれの目にも
みえてくるでしょう
2020-01-23 13:06:52