Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 日常徒然 挨拶 作品について 不思議レポート 不思議な話 不思議な光の話 不思議と徒然 ラグナロクの話 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語 これからのこと
Year: 2020 2019 2018 2017 2016
分離していく世界の
とおざかる
ひと、ことごと、創作物は
とたんにエネルギーをなくし
影のようにうすくなり
印象がなくなっていきます

不意に目にすることが
途絶えたりもしていきます
不思議な話ですが
気がつくと
覚えていないことや
創作物、ひとがでてくるらしい

だれかいたはず、とか
なにかあったはず、とか
こんなようなものが
あったはず、とか

でもどうしても
思い出せなくなるらしい
それは、記憶が失われたのではなく
みえないところで
世界がわかれて
はなれていっているからです



とても奇妙な話ですが
わかれていく世界の
もの、こと、ひとは
うすくなっていったあと
とつぜんに、なくなります



みえないところで
世界は
これから、
ひとつひとつが
たしかな独立した世界に
かわっていきます

そうして
世界ごとの様子が
あらわれはじめます

その世界に
ないものはなくなり
あるものがあるようになる



なくなるとは
死ぬとか、壊れるとか
そういうことではなくて
けむりのように
世界から消えてしまう

そのなかに
異形にかわり
人を喰おうとするモノが
でてくるそうです

それは
残留した穢れのエネルギーだから
だから
かたちをたもてなくなり
そうなるんだそうです



こちらの世界から
わかれたものことごとく
現実にも
きえていき

ひとのかずも
(厄災がおきるとかではなく
不思議なかたちで)
かなり減る

そうして
神々が具現し始め
善人だったひとたちが
蘇り始めます

いままでのすべては
崩れ落ちていきます
それは
そんな風に
とても奇妙な
不思議に
おとずれますから

現実的な厄災よりも
それほど怖くはないだろうと
いわれています
2020-06-09 16:31:42
... --- ---
Page : 0 .