Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 挨拶 作品について 不思議レポート 不思議な光の話 不思議と徒然 ラグナロクの話 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語 これからのこと
Year: 2020 2019 2018 2017 2016
エネルギー、
底なしの沼にはまりおちていくものと
清流にのぼっていくものと
二極化していく中で

インターネットだけは
どちらの流れも
あらわれる、と
いわれます

それは
エネルギーに
抗体をつくることを
うながされているからです

見えないところの
よくないものは
エネルギーの『病み』であり
悪だとか、なんだとか
そういうまえに
腐り病んでいるのです

避けつづけることも
できますが

ひとたちに願われているのは
タフになること
乗り越えることです

ウィルスに抵抗できるように
身体に抗体をつくるが如く
闇のエネルギーに
あがらうちから(たましい)を
つくるために

わずかでよいから
その暗がりに
ふれることを
おかれているのです



泥沼にのまれていくひとたちは
どうしても
だれが、何を伝えても
結局
その人自身で
沼にはまることを
選んでいってしまう

スピリチュアル(魂ごと)や
かみさま、聖霊
神社や聖域をつかったり
名を騙ったりして
身の欲を満たそうとすることの
どれほどの、みにくさ
みえない病み(闇)の深みに
はまっていくことか



おちていくものと
のぼるものの
顕われは

まず、まっさきに
スピリチュアルや
霊能ごと、宗教ごと
神ごとをしてきたものたちに
あらわれてきます

スピリチュアルリーダーと
いわれるとおり
彼らは、先陣をきることにより
人に、その様をみせ
学ばせる役割があるからです

そこで、動いていたひとたちは
暗がりにおちるのも
光にのぼるのも
とても、極端です



まともに
神様とむきあい
まともに
神様のことをうけとり
ただ仕え、つとめてきた人達は
わずかですが
いらっしゃる

己にこそ
かせられた厳しさがあり
そこで生きてきた人たちです

やがてそれは
はっきりと
だれの目にも
みえてくるでしょう
2020-01-23 13:06:52
たまに、まれに
創作に精霊や聖霊
まれーに、神様と
ともに歩まれている方々が
いらっしゃる

今後そうした方々も
かたわらの方を
観ることが
あるかもしれません

そうしたご存在と
されている仕事は
人間がもっていた
ほんとうの、
ほんらいの仕事

『仕えごと』になります

人間側の理由や
機会と関係なく

遅延したり
停滞したりします
すすんだり
うごいたりします

神様はとくに
『時期』というものを
精霊は『季節』というものを
おもちですから
焦らないで
お相手のペースに
合わせていくと
ゆっくりかもしれませんが
良いものが練り上げられていきます



人間は焦りやすいですが
みえないもの、ことには
時期、季節、時間が
関係をもちます

出来事もふくめ
創作もふくめ

無理なときに泳ぐと
苦難がでて
重くなります

焦らないで
おちついて、
時間や機会と付き合うことができたら
良いなと思います

まるで、ダンスのようですね

仕えごとにあるかたは
ひとりで舞うわけではないから
相手とあわせ
よく観れば、
足がもつれることもなく
舞えるようになるのでしょう



神々が濃くなり
具現する時代

ひとりよがりなこと
自我では、うまくいかないこと
勝手にすすめたくても
できないことが
たくさん出てくる

いろんなことには
ながれがあり
すべては
自分の好みや
欲求ではなくて

流れのなかで
いろんな命、存在と
協力していて

時間も、時期も、機会も
自分も含めた
みんなのものであること

たがいを尊重しなければ
ながれのなか
よく泳ぐことは
できないことを

学んでいく時代なのでしょう
2020-01-07 10:30:14
日々年月
さまざまなことで
つながりにくくなっていた
おおいなる神様の
慈悲慈愛が
つながりやすくなりはじめてある

そこは魂の核
命の核のようなところで

たとえば
おおいなる神様との
つながりが濃くなると
本能がかわりはじめる

ほんらいの本能は
人間性にもとずく
生きること、
命を歩むこと

つながりが濃くなると
自身の肉体においても
生き方や
道のりにおいても

歪みが少なくなり
どうすれば
苦難が楽に変わるか
わかるようになり

どうすれば
周りも自分も
幸福になるか
わかるようになり

さまざまなことを
乗り越えられるようになる



おおいなる主は
慈悲慈愛と
のほほんとした陽の気でみちてあり
怒りは愛深い父のようで
優しさは信頼深い母のよう

いまこんときは
人に対する暗がりの感情(エネルギー)を
さけて、あるいて
暗がりとのリンクを切祓い

おおいなる神様
おおいなる主との
つながり強まり
ふかまる日々に
あとづいていくと良い

本能がかわるから
本能的に
そうしだす人も
多そうだ



これからは
魂の活性により
エネルギー感覚が
ひらいていくから
ひとりひとりが
不思議な感覚でもって
選ぶことから
行うことまで
かわっていくかもしれない
2020-01-06 15:21:31
子年は千手観音菩薩の
加護の年にあります

千手観音菩薩は
金の光にみちています
一説によると
金は悟りの色だとか



十二支は、
神様とつながりがあります

子の年
伝わっている物語は
ひとたちに
わかりやすく
おぼえやすく
紐解いたもので
大切な意味を含んであり
だてなものでありません

「ものごとのはじまり」を
もっている

それで、令和になってから
初にむかえる新年です



令和にともる言霊は
神様がさずけました

和に令する

聖なる祈り
言霊にある令とは
命令のことではなくて
「心に伴する」ような
意味合いのほうが近く

いついかなる時も
ひとりひとりが
諸事、暗闇ごとを避けて
なごみに戻れるよう
心に灯せますように
そんな意味合いです

万葉集にあらわされている歌は
花咲きほこる夜に
良き友との和みにぎわいです

夜にあっても
花咲き誇る加護のもと
良き友との和みにぎわいに
いられるように、と

そういう言霊であります



すべてに
何を見るかは
こころにかかる

大切なひとや
大切なことを
いつも、うしなわず
わすれることなく
大切にできますように

かわり、はじまる年

あけましておめでとうございます
良き一年になりますように
2020-01-01 10:56:34
ふわっふわな
白銀のながいおひげで
やさしい目をしたサンタクロースさんは
見えない世界で
ちゃんといらっしゃるので
はじめ拝見したときは
おどろきました
イエス様とは別のご存在です

イエスさまも
クリスマスは
おくりもの、祝福を
あたえまくっていますが

サンタクロースさんも
トナカイのような龍も
サンタクロースさんが
プレゼントするおもちゃをつくる小人も
天空天界の、見えない世界で
いまは大忙しです

クリスマスの夜には
いっせいに、おくりものを
くばりまくるわけですから



天空天界には
サンタクロースの試験があって
聖霊や、心高い魂が
うけることができます
合格すると
トナカイ龍にのって
おくりものを配達するようになります



おくりものは
18歳未満のこどもにだけ
ささげられます
それはご加護であり
また、ちょっとした幸運になったり
良い夢になったりするそうです



おとなになって
サンタクロースは
自分がなるものだったり
ひとがなるものだったり
するんだと
おもったのですが

それから
すこし年をとって
ほんとうに
サンタクロースの聖霊がいらして
クリスマスには
祝福をとどけていると
知るようになるとは
不思議なものです

2019-12-16 15:01:42
... --- Next[1]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 .