Category : 徒然記 ★おひさまの日 てんてこエッセイ BoysLoveなこと
Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 未設定 未分類 日常徒然 作品について 不思議レポート 不思議な夜の話 不思議な光の話 不思議と徒然 ヒーリングと徒然 スピリチュアル エネルギーの物語
Year: 2019 2018 2017 2016
スピリチュアルな... おひさまの日>> 日常徒然

分別

分別とは
分けて観ることのようです
エネルギーのところでは
これがとても大切になり
たとえば
己をとりまくものにせよ
人のあらわれにせよ
ひとつひとつ
エネルギー流を
分けて観ることができないと
(つまり
まとめて一つに観てると)
理解をすることができません

とりつかれているね、とか
神様の気触れだね、とか
そんなことも
すべて細かく分けられるなら
分別ができることですから
絡んだ糸をほどくことが
できるようになります

この時
その人自身がわるいとか
よいとか
そんなことは、
一つに観ることと同じです

だいたいのトラブルには
たくさんのものが
ぐるぐる渦巻いていますから

ひとつひとつを分別し
ひとつひとつに解毒を行うのが
力というモノになります

いえるのは
他人の責任に軽くまとめてしまい
責め立てるなら、それは逃避であり
よく分別がつけられない目だということです



さて、簡単なはなしですが
エネルギーでいうなら
目の前にあらわれることは
己の気により
表出します

私の神々は
悪意なるものを
葬り続けていますが
それは
人を傷つけようとしてのことではなく
世界を、源の
ほんらいの世界に
戻そうとしていることです

たとえば
怒ることを厭うなら
怒りがなにかを
知らない

怒り、は
相手を己とみつめなければ
ズレます。

言い訳しなければ
怒りたい相手の気は
己の気と
リンクしている

すなわち
おなじものが
ひきあっている

目の前のあらわれが
己とおなじものだと
理解したとき
ようやく、会話になり
そうして、伝えたいことが
そこにうまれます

神々のつるぎは
まさにそれで
ひとを、人に戻すため
あるいは
まともに戻すために
ふるわれます



分別がつけられる目が
周りを観る目にも
己をかえりみる目にも
育ち宿ると
途端に楽になります

それはむやみやたらに
佳い人になるとか
修行をする、とか
努力をする、とか
そんなことではなくて

落ち着いて、
いま、己をとりまいている
エネルギー(気)の
本数を観てみることや

己の本来の気を知り
それと違うものを
ひとまず分けておくことです

別の気に
のまれないこと
距離をとることが
次第にできてくる

まずは
己を知ることが
楽になる道のりのひとつです



他人に怒りの責任があると
思う目では
他人を、ほんとうには
怒ることは出来ません

なぜなら
他人は
己ではないからです
距離があるからです

そして、他人は
他人の責任で
生きてあり
己のために生きている人など
ひとりもいないからです



理解は、祓いをもたらします

本当の、人間の、真心の怒りは
傷つけたり、削いだりすることなく
たんに、その人をその人にもどす
祓い清めになります
2019-10-09 15:43:32
スピリチュアルな... おひさまの日>> 日常徒然

世界樹について


(この記事とあわせてお読みください)


世界樹の「右」と「左」は
人間の「右脳」と「左脳」の
神様バージョンのようなもので
「善性」と「(ほんとうの)正義や真心」で
成り立っています



ひとは、ひとによって
居心地の良い「エネルギー帯」があります

いままでは「→」の善性しか
エネルギーがおりられなかったので
世界樹は、「真心・正義」の属性であっても
自分がまもっている人たちは
すべて善性帯域にすまわしていました

世界樹が元の姿を戻しましたから
「どちらでも好きなほうに移動してください」と
エネルギー界では伝えがおりました

それで、いろんな命や
神様や聖霊の中には、今、
「善性」から
「真心」あるいは「ほんとうの正しさ」「誠実」の
エネルギー帯に
移動する方々が出てきています



※のところについて

世界樹の根っこがなかったところには
ぽっかり虚無があいていました

そこには
いわゆる魑魅魍魎が跋扈し
「ふりをするもの」や
「まがいもの」が
さかえていました

「実体」の世界の隣に
「虚無」に構築された
魔の世界、虚構の世界が
存在していたのです

その「虚無の中の、虚構世界」は
世界樹が根っこを戻すにあたって
別のところに
流れていきました



これから、世界は
だいぶ変わるのかもしれません
2019-10-08 10:02:51
スピリチュアルな... おひさまの日>> 日常徒然

撒き餌は醸し出されるエネルギー

魔と聖と
世界がわかれていくなかで

下手な喧嘩を
(どちら側にも)
売らないように
気をつけてください

どちらの陣営にも
いまは、ほぼ
巨大なものが
現れてきています

腕に自信があるとか
ないとか、そういう
意識的なことじゃなくて

見えないところの状況を
先に知覚、思慮してから
歩まれてください

私が、こうしてあらわすことのなかには
魔の陣営がムカつき、いらだちを
覚えることも多々あります

というのも
それらがしていることを
叩き潰し
消滅させている一端だからです

こちら側の陣営は
細かいモノを
相手にする気はありません

ただたんに
ムカついた、いらついた、だけで
状況をみないで
下手なエネルギーを
まき散らすようなことは
控えることをお勧めします



とある領域とシンクロしている方々に
お伝えしますが
あなた方がどう知覚しようが
あなた方のそばにきているのは
こちら側の陣営のものではありません

エネルギー界には
魔と聖があり
魔は、完全に悪いものであり
この先どんどん消滅していきます
(悪意の根源からうまれるものが、魔です)

まき散らされたエネルギーは
撒き餌のように
それらをおびき寄せます

敵意、劣等感、
憎悪、恨み
嫉妬、欲望

自我意識
ナルシシズム

これらのエネルギーは
それらにとっては
甘いお菓子のようなものです

そうして
それらが好んで
引き起こすことは
たとえ、あなた方にとって
利益に見えても
世界にとっては
最悪なことばかりです

自業自得だと
わかるようなことが
あらわれるまえに

このような話で
理解できるなら

他人ではなく
ご自分に
お気をつけください

あたりにまきちらす
エネルギーにお気をつけください



話が伝わる方に、お伝えします

現実はカクリヨを含め
二層で成り立っています

カクリヨは
無意識界ではありません

ひとの、頭の中の思考と
現実はべつものです

カクリヨもおなじことです

意識がどのようなことを思慮したとしても
現実はその思慮とイコールにはなりえません

カクリヨについても
あなた方の意識についても
現実をみるように
気を配られてください

ここからさき
それらは意識的なところを操作してきます
表層のイメージや
意識がおもうことを操作することが
それらのもっとも得意とすることです

あなたがどうとらえるか、ではなく
現実は、どうなのか、で
すべてを判断されてください

2019-10-07 10:19:03
スピリチュアルな... おひさまの日>> 日常徒然

帰り道、収穫の道のり

毒素をはずす始まりがきたようです
ひとりひとり
泥の中で生活しているから
エネルギーのなかに
とりこんできた毒素は多いです
それをゆっくり
はずしはじめている

己のしたことは
己に還ります
それは、エネルギーがかえるとか
そういうこともふくめて

行為は、たねです

だいたい、
一年から二年ぐらいでそだち、
収穫の日が来ます
そうして、その果実をたべるのは
自分です

苦いこともあるし
からいこともあります
甘いこともあるし
柔らかいこともある

冬の時期というのが
人生にもあります
そういうときは
収穫がない

だから、
その時手にしている収穫で
冬をのりきるしかなくなる



神は
すくなくとも
私の知る神々は
誰かのしたことを
誰かに責任をとらせる、だの
することはありません

家族であっても
友達であっても
人の責任を
こうむることは
ありません

神様のまえには
ひとり、ひとり、だからです
誰々の子、や、
誰々の仲間、ではなく
その人が、そこにいるからです

ですから
エネルギー界で
あなたのせいで
こどもがこうなった、とか
あなたのせいで
家族がこうなった、とか
友達がこうなった、とか
そんなことは
あり得ないのです

ただ、エネルギー界には
よくないものもいて
よくないものは
そういう風な言い分や流れを好む

そんなことは真理ではないから
おどしと同じことだから
けっして、耳に入れないでください
そして、そちらに
流されないでください



種の収穫は
ひとりひとり
どうあがいても
じぶんへのものになります



変わらなきゃいけないんじゃなくて
古いエネルギーの心身を
脱がなきゃいけない
新しいエネルギーの心身は
すでに、ひとたちの
みんなの中に発芽している

2019-10-03 10:53:00
スピリチュアルな... おひさまの日>> 日常徒然

信じがたいことが、おきはじめるけれど

大切なことや
大事なことは
いつも、かわらないし
警戒しなきゃいけないことも
かわらない

脅すようなことで
人を支配しようとする
煽り立てには
今後とても注意が必要になる

集団化することと
仲間であることは
まったく、別のモノだから
気を配ること

見えない領域への
デマが多くなる

たしかめること
知ろうとすること
のまないこと、のまれないこと

そして落ち着くこと
いつも、つねに
[ものを思う生命]が
人間だって
わすれないこと

大切なことが
大切なことなんだって
単純な処に
いること

2019-09-30 14:15:42
... --- Next[1]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 .