ムーミン谷を読めばいいよ

ムーミン谷、赤毛のアン
モモ、星のおうじさま
読めばいいじゃん!
えほんとか!

ムーミン谷の
スナフキンがもつ
無頼さや
モモのかなしさが

魂のみちなら

きちんともう
たいりょうの魂力をつかって
つくられた本たちに
えがかれている

「知識」なんざ
とうていおよばない
「体験」させることのできる
ものがたり
手を伸ばせば
いつも
すぐにそばにある

……

私は、知識を
否定したくない

でも、えがくことと
知識のおひろめは
べつのもので

えがくことができないなら
あたまで知っていても
まだ、それは
知らないことなんだと思う

……

モモに書いてあることや
ムーミン谷に書いてあることは
世界のすべてじゃないけれど
たいせつなことだと思う

いまだに、私にのこってる

……

知識のおひろめや
御託ならべたては
私は、要らんや……

言葉はかんたんすぎて
すぐに構築して
すぐに話せてしまう
伝えたいことも
話したいことも

表現すること、
表現できること
表現したいこと
そうしたことと
話せてしまうことは
なんだか中身の力が違う

伝えたいことは
イージーに
話をするだけじゃ
伝えられない

なんとなくわかる

話せてしまうから
話に逃げたくなるね
いつもね

……

スナフキンがいっていたよ

たいせつなものは
ときが満ちるまで
話せないんだ
言葉にした途端
するする逃げ出してしまうもの……

うろ覚えだけど

ずっと、そうだよなぁ、と
おもう

……

表現にこそ、著作権があるのは
そんな理由からなのかもね