《写真》花、たんなるそういう人間

みえないもの

最初、かれらの姿が
みえたとき
嬉しかった

美しかったから

たくさん、美しいひとがかけるって

画家冥利につきる

……

正体を、はかることは
わたしにはできなかった

心根
尊敬できることや
大好きさが深まっていくことや

他人を、大切にできる人たちだった

大切にしている

正体より、それでいいんだと思う

……

わたしは、たぶん
自分は、そういうことが出来る人、
ではなくて
たんなる、そういう人間なんだ、って
だけなんだろうとおもっている

……

世界はおもうより
こころがひろいらしいから

たんなるこんな人間が
片隅にいても
いいんじゃないか
とも、思う