さいきん、豆をかって、

挽いて粉にして

コーヒーを淹れている

味が違う

コーヒーの、灰汁の味をはじめて知った

コーヒー本来の味と

灰汁の味は、まるで異なる

テキトーな量販店で、

テキトーにいれられたコーヒーには

たまにものすごく灰汁の味ばかりのものがある

これも健康か(灰汁には栄養があるという)と

がーっとのんでしまうが、にがい

わたしがいままで苦手としていた

嫌な苦味は、コーヒーの灰汁なのだと

わかって、おどろいた

丁寧にがんばって淹れると

コーヒー本来の味は

まろやかで、苦くても、あまい