ちひろ

何をどういっていいかもわからないが

好きになりすぎる漫画がある、

何度も読み返して表紙も中身もぼろぼろになって

手放せない漫画がある

まだぼろぼろにはなっていないが、

「ちひろ」はまさしくそんな漫画で、いつかぼろぼろになるだろう。

泣きもしない、辛くもない。どちらかというと微笑がもれる

だけどすざまじく痛い。

骨がきしむほど痛い、そんなところがどうしようもなく

好きな漫画だ。

現代版娼婦、ちひろ。

ソープ嬢であるちひろの生き方は、

まっとうでまっとうすぎてかなしい。

人間なんだもの。

つよくなりすぎた弱者が

ここには

まざまざと描かれてる。

「毒を食らいなさい」「生き残るために」

陳腐なその言葉が重過ぎる。

泣くほどかなしい真実を

ちひろは何歳のときから知っていたんだろう

あまりにリアルで、

痛いのにかなしいのに、笑ってしまう。

ちひろは20ぐらいになったら真っ先に読むべき漫画だ。

本当にそう思う。好きだ。

[iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=yorugoda-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS2=1&detail=1&asins=425310276X&linkId=59609896f3fe6bcfc51862ee278ed3af&bc1=000000<1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">

[iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=yorugoda-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS2=1&detail=1&asins=B00LTPU9SS&linkId=e3e0dfc5470a5181e31f46bbe2116fe0&bc1=000000<1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">