タイムマシンに乗って

タイムマシンを作る博士であった。私は。

しかし私は人を殺してしまい、追われる身となった。

「そうだ、タイムマシンがあるじゃないか!」

何故か「殺す前に戻る」と言う考えはなく

「時効が切れるまで乗っている」ことにして、

食料を買いに行った。

タイムマシンといえども万能じゃないらしく、

時をワープしたり早くしたりは出来ないので

(それじゃタイムマシンじゃないじゃないか)

時効までタイムマシンで食い寝の生活をしなければならない。

(それはタイムカプセルだ)

大量に食料(なっぱ)をかい、

(私菜っぱ嫌いなのに何で菜っぱなんか買うんだ)

タイムマシンに乗り込む。

ふっと景色が移り変わって私の意識は宙に浮いた。

ここでは、時の流れが以上に速く、

「下」に居る私が細切れのように動いていく。

誰かが

タイムマシンで生活する私を見ながら喋っていた。

「まぁ、一年もてばいい方ですね」

「ふむ、彼女は根性という物がありませんからねぇ」

「寂しがって出てきますよ」

「ほら、でてきますよ」

見たとおり、「下」の私がそぉっとタイムマシンから出てきた。

辺りをきょろきょろ見回して泣きそうな顔をしている。

何故か髭がぼうぼうに生えていた。

そこで目が覚めた。