チョコレートケーキ

ナサかどっかの宇宙を開発&研究しているところで

私と私の友だちは働いていた。

その研究所に行く道すがら、

道路の左側の歩道を渉っていると、

小さな子供のような大人が、歩道と車道を区切る植木の隙間から、

信号が近くにあるのに、(そして青なのに)車が少ないのをみはからって

ひょい、ひょいっと幾人も向こう岸に渉っていく。

私も「ああ、そうか、車がないし、良いんだ」と思って、

車がごうごう流れる隙間をひょういひょういと向こう岸に渉った。

渉りきると目の前に暗いデパートがあって、

中から私を呼ぶ声がした。

研究所ではないはずなのに何故か此処は研究所なのだと思って、

デパートに入っていった。

入ると、宇宙開発者達が大勢居て、

電気のない暗い部屋に、横長の机を数個置いて、3人ずつ座っていた。

彼らは1人ずつ持ってきたらしい、

可愛らしい、チェックや豚柄のテーブルクロスを

机にかけて、おとなしく座っていた。

黒板の前に銀色の筒や管などにスープやご飯が入っていて、

そこで1人ずつお玉を使って給食を取っていた。

まるで、小学校の給食のような眺めだった。

私は一番奥の机につくと、

其処にいた友だちに「給食美味しいね」と言って

いつの間にか持っていたお弁当を開けて食べだした。

なんだか友だちは誰かが漏らしただとかそう言うことを言っていた。

無駄話が弾む。

ふと訪れる沈黙。

私は沈黙がイヤで、「相性占いって知ってる?」

「うん、知ってるよ」

「それで占ったらさぁ、あたし達全員相性悪いよ」

「私たちの誕生日、知ってるの?」

「え、、、、、

た、確か、Sちゃんが、、、私と1月違いなんだよね」

「うん」

私は1回目を瞑って、

「11月24日?」

「違うよ~」

しまった9月の方だったか。

「間違っちゃった、Sちゃんと私の相性はいいかも

Aちゃんは10月4日だよね」

「うん」

「あんたの誕生日は忘れない」

「じゃぁ私は?」Tが身を乗り出して言う。

「えーーーーっと、、、

確か、珍しい誕生日だった、、、、」

「ううん」

「2月28日?」

「違うよ、Tさんは11月25日」

Sが無表情に言う。

「珍しい月だと思ってたから間違っちゃった、

まだ14才なんだーとか思いながら入力しちゃった。」

「うーん」

(ちなみに言っていた誕生日&計算は全然間違ってます)

私はふと、チョコレートケーキが食べたいなぁと思った。

そこで目が覚めた。