運転するおばぁちゃん

見知らぬお婆さんの運転する車(ぽるしぇ)でドライブに行く夢を見た。

妹はすでに家にいなくてどっかの家に泊まりに行ってしまった後だったので

叔母さんと私と叔母さんの友達と私の友達の4人が車に乗って

レッツゴーとばかりにお婆さんをせかした。

わたしは助手席で他の3人は後ろに座った。

お婆さんは「それで目が見えてるの?」というほどに皺くちゃで

小さくて頼りなかった。

細い指でフルフル震えながら運転する車はそれなりにスリルがあって面白かった。

山脈に入り、木々の生い茂った山に車ではいると、

そこは「ピクニックの山」だったらしくて

行楽にきていた家族たちが山頂の丸く木々に囲まれた芝生の上で

ござを広げておいしそうなお弁当を食べていた。

そこに見知らぬ家族と妹が楽しげにピクニックしていたので、

妹に声をかけて車に乗せようと引きずり押し込んだ。

見知らぬ家族たちが驚いて車にすがり付いてきたので

お婆さんに「はやく、はやく、」とせかして

車のドアーをこじ開けようと窓から侵入してくる腕をぐいっとねじって

がーっと窓を閉めた。

オバァさんはフルフル震えながらも車を孟発進させて、その家族を振り切った。

平和な芝生の上にタイヤの後をつけてきききききぃと車は走り去った。

山を降りると、大きな高速道路があって、

山の境に隣接するようにがーがーと車が流れていた。

降りると山のふもとには大きな穴があいていてその先にも道路が流れていた。

山は獣の道のような芝生の道と、

(これは今車で降りてきた道です)

崖のように大きなカーブをかいて盛り上がっているところと

(横から見るとこんなふうに>~|)

その道路に続く穴とで三つの道ができていた。

それ以外は柵でぐるりと囲まれていた。

オバァさんが高速道路の車の流れに入るためにいったん停止すると、

どこかでラジオが鳴って

「火山が噴火しました、火山が噴火しました!

すぐに逃げてください、火山灰が来ます!!」

とアナウンスが流れた。

見ると、高速道路の流れていく先のほうで火山がもくもくと煙を噴出しているのが見えた。

私たちは車から降りてみた。

するとすぐにオバァチャンが灰だらけになってしまった。

妹が「私、ちょっと見てくる(多分さっきの家族のことだと思う)」といって

どこからか自転車を取り出して上に行くほど下に曲がる崖をがーっと駆け上がっていった。

しかし、どうしても盛り上がっているところが超えられず

(つまりそれほど急カーブをかいて下に曲がっているということです)

途中で逆さまに落ちてしまった。

私たちは超能力を使って彼女を浮かばせて、もう一度チャレンジ!と叫んで

崖の下に自転車ごとおろした(超能力が使えるなら、崖の上にあげてやれよ)

しかしどうしても妹はその崖を越えることができず、

何回も落ちてくるので仕方が無いので車で

今きた獣の道を引き返すことにした。