宇宙人逆襲

赤い赤い温泉宿に家族みんなで泊まりに行った。

温泉宿は普通の高級リゾートマンションの様に

背の高い赤いビルで、

中には赤い絨毯が敷き詰められていて、どこもかしこも赤かった。

温泉に入り、くつろいでいると、警報機が鳴って

悲鳴があちこちで上がった。

その瞬間に何故か「宇宙人が地球を乗っ取った。」と気がつき、

急いで家族と廊下に飛び出して逃げようとした。

宇宙人はゲル状で体が半径3mぐらい伸びるイヤな奴で、

温泉宿の内部にも進入してきて、

逃げる人々を柱の影からとか階段の隅っことか

目立たないところからそっと手(?)を伸ばして

絞め殺したり、首を切ったりしていた。

赤い温泉宿がなおさら赤く染まっていく。

まさに阿鼻叫喚であった。玄関近くは一間、坂になっていて、

宮殿のように柱が連なっているのだが、

その一本の右影の方に一匹の宇宙人がいて、

逃げまどう人々に触手を伸ばして殺人を繰り返していた。

私たちは

「宇宙人に気づかれないように、坂を滑って行くんだ!」

とお互いに声を掛け合って、背を低くして

坂道を滑り台のようにすーっと滑って逃げた。

玄関の横にエレベーターがあって、

その近くを通ると、『チン』と音がして、

扉が開き、宇宙人が出てきて、

「ああもうすぐ玄関だ」とホッとしている人々を

ぐはーぐはーとエレベーターの中から体を伸ばしてなぎ倒していった。

次の瞬間私の母が目の前で血しぶきをあげ、倒れた。

私は「グギャーーーーー」と叫んで、

母を抱き起こしたが、その体には首がなかった。

ものすごく怒って、宇宙人をきっと睨むと、

その体の上にちょこんと母の顔がのっていた。

私はどこから取り出したのか、長い日本刀で

「かたきうちーーーーー!!」と叫んで

ものすごい早さで宇宙人を細切れにした。

母の首がぽーんと飛んで父の腕におさまった。

父たちは茫然自失としていた。

そこで目が覚めたのだが、

「どうしたんだお前は」と言うほどに自分で自分の体をきつく締め付けていて

あちこちが痛んだ。