吸血鬼に追われる夢を見る。

其処は宇宙船の中だ。

宇宙船なのに私の田舎と同じ家の造り。

畳も、トイレもある。書斎もある。

私はある一角に逃げ込み、押入の中に潜り込んで戸を閉めようとした。

しかし閉まらない。

何故かと(二段組の押入の下にいる私は)上を見てみると、

ものすごく太った人が先に隠れていて、

その肉がつっかえて締まらない。

そうこうしているうちに吸血鬼が来てしまった。

吸血鬼は私だ。

私の顔をしている。

二人いる。

「ああ、こんなところに。」

二人で顔を見合わせてニヤニヤ笑う。

「48才と(上の人のことらしい)2才(私のことか?)」

「どっちがいい?」

無言。

私は歯の根を囁かせて震えている。

「・・・48才でいいや。」

ぽつりと右の方が言う。

「じゃぁ、この子は吸血鬼に見つからないように。」

(何のことだろう?吸血鬼はお前じゃないのか?)

(吸血鬼は私だから私を心配して。)

氷のスプレーをブシューーーーーーーーッと吹きかけられた。

すぐさま肌が切るような痛さを放って私は凍った。

氷の中から吸血鬼を見ていた。