マラソン


中学生の私は
中学校で催されたマラソン大会に出た。
最初は快調に走り続けていた私は
景色を見る余裕さえあった。
とみに早い。
最終のトラックに入り、
「後少しでゴール」と言うところで
力つき、倒れた。
手と足が鉛のように重く、しびれている。
「ああ!I(私のこと)、早く早く!!」
先にゴールにしていたAちゃんが叫ぶ。
私は後ろから人々が迫ってくるのを感じた。
しかし手足は動かない。
しびれを何とかごまかしながら、
ハイハイをして私はゴールした。
私の前に参人の女の子が居て、
それぞれ一等と二等と三等だった。