雨のひ

歩いていると
雨の中
さまざまな傘やかっぱがあって
私はそれを観るのが好き

傘でも
綺麗で、さしていて
気持ちよさそうなのは
調べると高い

透明な五百円傘もいいけど
色とりどりの
よく練られているデザインの傘は
やっぱり、雨の日にはえるなぁとおもう

……

「なにも足さない」

ひとにたいし
足そう、足し込もうと
していたときは
気がつかなかったけれど

たぶん、もしかしたら
誰もがそうなのかなぁと思う

足さなくていいんだ

「ひと味あれば」って

たぶん、ひとはもっと
自立している

自分のことを
目の前にあたえられたことを
やれば、人の役にもたてる

変えようとか
足そうとか
しているとき
変えたいのは自分で
なにかを足したいのも、
自分に、なのかもしれない

3マッチパズル、水彩散歩、パズル画面を作成中

すべて水彩にしたかったので
パズルのアイテムアイコンを変更した

前回までのアイコン↓これはまた別のもので使う予定

マップと、パズルと、イベントパート
必要なパートは
つくりおえた

このあと、3つのパートを
互いに組んでいくんだけど
この組みあわせ方で
いろいろと迷っていて定まらない

成せばなるよ、と
作り始めてしまうのと
迷いが終わるまで思いめぐらせて
定まってから組み始めるのと
どちらも、よくやるんだけど
今回はすこしだけ置いておいてる

キャラクターは二人出来上がった

……

水彩散歩はR18、BoysLoveのシェアウェアです
今年中に完成したいところ

読書感想、漫画「生者の後進」

読み終わった後
なぜか涙がでた

少年漫画っぽい
ライトな絵柄が
暗くなりそうな
ヘビーな展開を
軽くしてくれている

クライマックスのシーンは圧巻の表現で
ぞわぞわしながらも
心にくる

キャラクターが
ひとりひとり
生きた表情をしていて
気がつくと深く共感していた

要所要所のシーンが綺麗
みせごまが好き

ページ数の問題か
かききれてなさそうなストーリーが
ちらほら見えて
それがすこし残念

でも、まとめるために
ここを切ったのだな、と見受けられる
きりどころへの
センスがよくて
そこがまた心地いい

タイトルは
音楽「聖者の行進」から
きているのだとおもわれる

この音楽の意味を考えると
なおさら深い

この音楽もまた
重いテーマを
軽く陽気に歌い上げているものだ

このマンガの視野なのかなと思う

重いものより
喜びや、希望のほうが
勝っていく
とても、よい

ライトに
重いかなしさと
喜び生きることが
えがかれた傑作だと思う

……


ざっくりとしたあらすじ……
幽霊の見える少年が
バイト先で、目にしたものは
今までみてきたモノとことなる
極めて気色の悪い化け物だった

少年は、明くる朝
幼なじみの少女に
とりつかれていた高校生が
近所で惨殺された事件を教えられる

幼なじみの少女の背中に
おなじものがとりついているのを
少年は目にする

すべてを打ち明けて
「なぜとりつかれたのか」を
探そうとする少年と少女の前に
おそろしい展開がおとずれる

生きていて見えるものと
死んでいるものたちと
護ろうとするものたちの戦い

……

聖者の行進

ラーメン

さくらもち

カップラーメンの
海の幸味みたいなのに
牛乳いれると
美味しいよと聞いて
今日はじめていれてみたら
なんだか濃厚で
おいしかった……

カップラーメンはすごいなぁと思う
暖まりたい時
お湯があれば
栄養と温もりを
すぐにとれるんだもの

即席だから
やっぱり、即席な温もりだし
簡素な栄養だから
継続にはきかないけど
即席にとれる温もりと
ある程度の栄養って
なんだかすごいし
有り難いような気がする

邪悪なうわさも
カップラーメン業界には
よく聞くので……

もっと、こんなふうに
開発できて
商品化できた
即席にとれる温もりと栄養を
大切に育ててほしいなぁ、と
かってに思ってる……

ティディベア

知り合いの誕生日プレゼントに
ティディベアをかった

ティディベアは
もともと
子供への
御守りの縫いぐるみだったらしい

その子の
生まれた日に
生まれた体重で
つくるのが
ならわしだったそうだ

うろ覚えなんだけど

やわらかなティディベアにふれると
そんなこともあるのかな、と思う
本場のティディベアは
本気はいってて
高く、そして良質だ

子供をまもるんだから
それぐらいは
気合いいれるものなのかもしれない

……

ほんとうは
編みぐるみで
ティディベアを
つくってみたかった

マフラーとかなら
できるんだけど(長いだけだから!)
途中で帽子になってしまった(挫折した)

なんかわからん!

いま、そのティディベアになれなかった
編み物帽子は
知人の頭にのっかってます

ライニートウデイー

最近気圧の問題か
頭が痛くなることが多い

うちのともだちは
台風がくると
頭がいたくなったり
体調がくずれたりするらしい
急激に
気圧がかわるからなんだとおもう

逆に気明になったり
する人もいるらしい
気圧ってふしぎだ

人間は
生きやすい温度や
気圧がきまってて
そこが
かわってしまうと
生きづらくなる……

なんだか不思議に思う
でも以前、
海の中にすんでて
呼吸が海にてきしたひとたちが
特集されていたのを
みたことがある

かの有名な文句で
「頭のえらいものではなく
身体の強いものでもなく
変化に適応するものが
生き残るのだ」
と、うろ覚えだけど
そんなことばがあった
ダーゥインだったかな

人間は
変化に
適応してきた
生き残ったいきものなのだとしたら
何かがなんだかかわろうが
そのときだけ
生きづらくなるだけで
なんだかんだいって
また適応して
そして、生き残っていくのかもしれない

そうかんがえると
なんだか
不思議だなぁと思う

適応中の存在が
ひとりひとりだとしたら
ここで
なんだかんだ
なやんで
やっていくことは
ひとりひとりから
ちくせきされた
適応力になって
未来につながっていくのかしらん?

3マッチパズル…ちまちまっと制作中


今日はいつもより寒い
気が付くと、どんどん冬になっていってる

3マッチパズル「水彩散歩」
すこしずつ形になってきて
今日は、キャラクターの一人を
作成し始めた

キャラクターは全部で6人前後
パズルを行って
交流をふかめて
最後18禁な感じになる

ずーっと作成していると
目と肩が凝る
なんだか目ん玉に
「雷撃」うけたみたい
しびれるわぁ……
RPGでいうと
麻痺ってやつだ……

さんまっちでサンキューマッチ

ヒーリングアート

hexaで組み直している
さんまっちパズルの
落下処理が
ようやくしあがる

単純な処理なのに
いつもここで戸惑う……

バグがまだとれていない……
のう!

……

ジグソーパズル、
好きだから、つくった

さんまっちもすき

いずれ、プログラムのスキルが
もっとついていったら
アクション型ハクスラとか
つくるんだ

好きなゲームを
自分でつくるの楽しい

……

このゲームのタイトルは
「水彩の散歩」と名付ける

神春と、水彩散歩と
ふたつとも
1日一枚ぐらいを目安に
イベントスチルをかいてる

水彩散歩のほうは
イベントが、
すでに八割型できあがっているので
プログラムがくみあがったら
らくに仕上げていけそうだ

気をぬくこと…

ヒーリング、ふんわりスフレ

さんまっちパズル
hspdishで途中まで
つくっていたんだけど
あたらしいゲームにするとして
flashアニメをいれたかったので
haxeのほうで
新規開発してる

神春より
イベントとか
開発量もすくないから
早く出すかもしれない

なんか、
シェアゲームなんだけど
奇妙さ(ヘンテコ)が濃いのは
シェアでは初めてになる

いちおうシェアゲームは
世間風、一般的なかたちに
整えていたのよ
これでもさ

花の星で公開している
ASUとにたような感じに
なるかもしれません

へんてこだよ

いまのところ、18禁で
さんまっちパズルで展開がすすみ
イベントスチルに
エロなflashアニメがつくやつになる

……

ところで画像は
ふんわりスフレという
ヒーリングです

食べるで味わえたりします

ヒーリングが
お好きでしたら
どうぞご利用ください

……

今後、ヒーリングとか
ビーエルとか
このブログは
あんまり垣根なく
書いていくかもしれません

雨と寒い

近くで工事がやっていて
地面がずーっと
ビリビリゆれてる
雨が寒い

紅茶も珈琲も
素材を買ってきて
淹れた方が美味しい、し
やすい

インドカレーを
注文しながら
こういうカレーも
1から作ると
自分の舌にマッチングして
おいしいんだろうか
などと思う

ガムラマサラがなにか
いまだに、私は知らないが
たぶんインドカレーは
ガムラマサラが
必要な気がする

しかし
ガムラマサラが
なにかすら、知らない

素材がなにかすら知らないけれど
作ると美味しいんだろうか
などと、思うと
なんだか不思議な気持ちになる

ガムラマサラが
ふつうな世界もあるのだ

煮物にはみりんな日本の
みりんも
知らん人からみたら
不明な調味料なわけで

煮物を食べて
みりんが何かすら知らんけど
こうしたものは
自分で作ったら美味しいのかしら
みりんて、なんなのかしら
とか思ったりするのかしらん

UFOは
未確認飛行物体の略だ

私からすると
ガムラマサラが未確認調味料なわけで
(調味料なのかもわからんが)
UFOとどうしゅなわけだ
(たぶん、飛行はしてないが)